05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

Natural Flow

目指したいのは、こころと体が喜ぶsimple&naturalな暮らし。ヨガや、それにまつわる日々のことを、ポツポツとつぶやいてます。松戸を中心に、アーサナ自体を瞑想的に行うスタイルでヨガクラスを開催中。赤ちゃん連れOKの子連れヨガもあります☆

ゆるやか「おむつ無し育児」のはじめかた 

思いがけず「おむつ無し育児」を実践していた次男くん。

発覚についてはこちら▼
「おむつ無しって、おむつ使っていいのね〜 」

「なるべくおむつの外(おまるやトイレ等)でオシッコ/ウンチをさせる」ということは、

実は、思っていたよりすごーく簡単!

こんなにすんなりできるなんて!!と拍子抜けしちゃうぐらい。

興味あるひとには、ぜひはじめてみて♪

とオススメしたくなり、まずはどんなタイミングではじめたのかのお話です。



とはいえ、初トライはちょっと思っていたのと違ってたんですけどね(苦笑)

次男くんの場合、生後3ヶ月前後の「そろそろ首がすわってきたかな?」という頃がおまるデビューでした。

でも、本当の初トライは、それよりも前。

生後1ヶ月頃からでも出来ると聞いていたので試していたのですが。。。

まだふにゃふにゃな身体、私が上手にサポートできていなせいだと思うのですが、母子ともに不安感いっぱい(汗)

このままでは背骨に不必要な負担を与えそうで。。。中止しました。



後から和田智代さんの講演で知ったのですが、低月齢の赤ちゃんの場合、横抱っこで実践する人もいるみたいです。

なんと、横抱っこで授乳しながら(!?)ホーローオマルをお尻にあててね。

確かに、新生児は飲みながら出す機会が多いけど、

おまるごと抱えて授乳。。。難易度高過ぎて思いつかなかったです(苦笑)



さて、私が用意したおまるは、プラスチック製の一体ものを妊娠中にIKEAで購入してました。

これはおまる生活をススメてくれた、KIMIさんのお子さまも愛用のもの♡

ホーローおまるに憧れはあったけど、男の子を持つお友達からはけっこう失敗している話しを聞いていて。

どうやら男の子にはオシッコを受けとめてくれる立ち上がりがあるタイプが良さそうだと判断。

継ぎ目もなくお手入れ楽だし、安いし、そんなに長くは使わないつもりだしね。

(長男君は1歳前にはトイレで補助便座に座っていた記憶があったので)

気になる点といえば、お色がライトグリーンしかなかったこと。

排泄物は赤ちゃんの健康チェックでもありますからね。

できれば白が良かったなぁ。



話しがそれましたが、3ヶ月頃にどうしたかというと。。。。

次男くんの場合は朝起きてすぐにウン○というパターンができていました。

ということで、朝イチで「おはよー」をしたらすぐに座らせてみる。

ただそれだけです。。。(エッ、それだけかい!って?苦笑)

すると1分もしないうちに、初回から小も大もすんなり成功♪



おっ!出たねー♡上手!

と誉めてあげると、上機嫌な笑顔。

なんだかわかんないけど、お尻もべったりしなくて気持よいのかい?

いけるんじゃない♪と、母もニンマリ。

それから4〜5日、なんと毎朝ウン○キャッチに成功

そんな事を喜ぶなんて、おかしいとお思いかもしれません。

私も、おむつ無し実践者が成功を喜ぶのを聞き、「?」だったんですけど〜。

これが、うまくいくとけっこう嬉しいものだったりするんです(笑)

百聞は一見(一体験)にしかず!

半信半疑の方は、お試しくださいませ。



そんな感じで、あれ?こんなに簡単に出来るの♪ってぐらい、あっけなくできました。

でも、それじゃああんまりなので、私なりの成功のカギを考えてみました。



1.まずははじめる前から赤ちゃんのリズムを整えてあげるような生活

夜はちゃんと暗く、昼間は自然光をお部屋に入れる。

お散歩できるぐらいになったら、日中は外気に触れさせるとかね。

実は生まれる前からも大事らしいです。

妊娠中のお母さんの生活リズムがちゃんとしていると、

比較的赤ちゃんも昼夜のリズムがつきやすいみたいですよ。


2.おまるはすぐそばに常備

我家の場合は寝起きすぐのタイミングからはじめたので、

お布団の側におまるを用意しておきました。

けっこう赤ちゃんの排泄って待った無しですから。

しゃがみ込む体勢のせいもあるとおもうけど、座わった途端に!ってことも多々あります。

お友達に聞くと、おまる用意している間にヤラレてしまったよ(汗)って話しもよく聞きます。

おまるじゃなくて、トイレででも支え方が上手ならできると思います。

でもある程度、自分の意志で待てる!?ようになるまでは、脱がせてすぐに座らせれるおまるの方が便利だなぁ〜と使ってみて感じています。


3.安心感(安定感)のある支え方

後ろから赤ちゃんを抱えるようにして座ってもらいます。

不安なら、ちょっと母にもたれかかるようにしてもらうと支えやすいかも。

母は体操座りか、正座でお膝を開く割座で、おまるは膝の間に。

母の手は、赤児の膝下か、足裏を持つように。

これで赤ちゃんもふんばりやすい体勢かなと。

効果はわからないけど、土踏まずの消化器系の反射区あたりを刺激するようにしてみたりね。




4.声がけをしてみる。

いまからおトイレしようねーという合図として、

座らせたら、「シーーシーー」と耳元で言ってみます。

あと、「ブブブーー」とかも言ってるかな。

うちの次男くん、けっこう空気のみ込む空気腹タイプで、

(というか、母がゲップをさぼり気味だという説もありますが^^;)

ウン○するときに良く「ブブブッ」と音がしていたので(笑)

これをしておくと、おまるからトイレに移行する時も、

条件反射的に「そっか、ここで出していいんだー」って、

すんなりいくかもしれないという期待も込めてます♡



あとはね、無理しない気楽なマインドも大事よね。

1ヶ月から出来ると聞いて、必死で続けていたら楽しくなかったと思う。

そうなの、おまる生活ってちょっと楽しいものなの〜。

それぞれの母と子のペースで、「いけるんじゃない♪」と思った時がはじめるタイミングね。



おまる生活はじめて1ヶ月ごろの次男くん(生後4ヶ月)

おまるの「立ち上がり」わかります?これが大事(男の子には特に!)

あ、すっぽんぽんなのは、ベビーマッサージをする前だからです。

普段は、上半身はお洋服着てますよー。

IMG_3409.jpg





てなことで、朝イチのおまる生活がはじまりました〜。

おまる生活、思っていた以上に簡単&快適です♡

じゃ、そこから先はどうした?という話しはまたの機会に。



ブログランキング・にほんブログ村へ


Posted on 2015/11/19 Thu. 08:43 [edit]

category: 妊娠・出産・子育て

thread: 育児日記  -  janre: 育児

tag: 育児  おむつ無し  おまる 
TB: 0    CM: 0

19

育ち盛りに食べさせるって、気持いい 

昨日の日曜日は、「お外ヨガ@北の丸公園」でした。

我家も家族でお手伝いとして参加〜。

ちひろ先生、はな先生の坊や達も来ていました。



そんな彼らは、お腹の中にいるときから「お外ヨガ」体験者。

慣れたもので、昨日も9時前後に北の丸公園に到着するとテキパキとお手伝い。

ヨガがはじまると一緒に参加するちびっ子ヨギーに。。。。



なんて、ことはあるはずもなく(笑)

到着するなり、まだ人気の少ない芝生広場を走り回る!!

絡み合う、転がりまくる。。。

ヤンチャ盛りの男の子3人を追いかけていては、お手伝いもできませーん。

ということで、昨日は旦那さまに坊や達を任せておりました。

(ありがとー!助かりましたー♪)



どこでどんな遊びをしていたのやら。

受付も終わり、クラスがはじまって一段落と思っていたところに、

3人そろって「お腹すいたーーーー!!」の声。

この時、まだ10時半!?

ちょいと早すぎるんじゃないかい?苦笑



でも用意していたオヤツのおせんべいとナッツは、とっくに食べ尽くしている。。。

ランチに用意してきた「おにぎらず」があるけど食べるかい?

に、大きく「YES!!」のお返事。

Evernote Camera Roll 20151019 095214

Evernote Camera Roll 20151019 095213


手渡した時の、真剣な顔(ふふっ)。

ちょっと大きめのおにぎらずだけど、

みんなペロリッと食べてくれました。

育ち盛りがモリモリ食べる姿は、なんとも清々しい!

いっぱい身体を動かしたときは、お菓子よりフルーツより、

やっぱり「ご飯」だよね



見事な食べっぷりを見せてもらいながら、

ちょっと幸せな気分を味わっていました。

自分がつくったものを「美味しー♪」と目の前で食べてくれる子達がいる。

それって、けっこう嬉しいな〜♡と思う日曜日でした。




会場の芝生広場にはちょっとした水辺があってカワセミがいたり、

広場にはトンボや大きなバッタがいたり。

持っていった凧は、北の丸公園では使っちゃダメだったけど、

自然の中では、子ども達は飽きること無いのよね。




よく遊び、よく食べ、よく寝むる〜。

(みんな帰ったら爆睡だったみたい)

うん、いい子達だ♡

みんなすくすく、大きくな〜れ〜♪



この日のお外ヨガのレポートはこちら▼
http://news.hasyoga.net/?eid=1285752

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2015/10/19 Mon. 15:00 [edit]

category: 妊娠・出産・子育て

thread: 育児日記  -  janre: 育児

TB: 0    CM: 0

19

おむつ無しって、おむつ使っていいのね〜 

おむつ無し育児」って知っていますか?

おむつ無し」というワードだけは聞いたことあるって方も多いのかも。



おむつをしない。。。

中国のあたりで使われている「また割れズボン」とか、

66809039.jpg

UTAU babyさんから画像おかりしました。

南の島のこどもみたいに、ノーパンっ子で育てるのよね。

失敗すれば、お洋服だけじゃなくお部屋は「オ○ッコ」や「ウン○」まみれ。。。



おおらかに育児をしたいと常々思ってはいても、ちょっとそれはハードルが高すぎるわぁ。

それに、お尻出していたら寒いよ、冷えるよ。

そう思っていました(笑)




ところが先日、おむつ無し育児研究所の所長の和田智代さんの講演会に行ってみたら、

自分の大きな誤解に気が付きました。



おむつ無し育児」って、おむつ使ってもいいんですって!!


(ちゃんとお勉強している人には当たり前なのでしょうが、知りませんでした。。。)

定義としては、

「なるべくおむつの外(オマルやトイレ等)でオシッコ/ウンチをさせる育児


ということ。

オマルやトイレでさせなくても、

おむつを開いてその上でさせてあげるだけでもいい。

要するに、おむつをトイレとして使う習慣をなるべくつけないってことみたい。

普段は、また割れズボン、パンツだけじゃなく、おむつ付けていてもOK!




あれ。。。!?それなら私もやっていることじゃない♪

実は我家の次男坊くん、首がすわったかなーという3ヶ月少し前ごろから、

少しずつですがオマル生活していますの♡

IMG_3410.jpg

(もうスッキリ終わっているのに、写真撮りたい母に付合いきれず飽きている次男くん...)



きっかけは、先輩おまたマスター KI MIさんの講座▼

おまたの切れない出産!?レポート
『妊産婦さん向け・身体の見直し『おまたぢから®』セミナー!』

http://aiainf.blog94.fc2.com/blog-entry-405.html




でもどうして、わざわざ広げたおむつにさせたりするのをすすめるのか。

おむつ無しの利点は、コミュ二ケーションだとか、洗濯やゴミが減るとか、

他にもいろいろあるということだけど、



「おむつは大人の都合でつけられて、大人の都合で外されるだけ」

「排泄の自立と、おむつ外しは別の話し」




という話しに、目からウロコ!!

確かに、オムツって「お部屋や服を汚されたくない」という大人都合のもの。

赤ちゃんの気持とか、本来もっている能力とか、考えたことなかったよ。

時々オムツ替えの時に、ピャーーーッ!!と噴水のようにされて慌てるけど、

赤ちゃんにとっては、オムツで出すよりそっちのほうが気持ち良いんだろうね。

(そんな時、うちの坊やは「ニヤリッ」って笑いますもの)




大人の生活にあわせてオムツ排泄を教えられ(?)、

しばらくするとオムツで排泄しないことを学習しなおし(トイレトレーニング)になる。。。。

二度手間ってことかしら??




スリングで育てるアフリカのお母さん達は、まったくオムツを使わない。

赤ちゃんがしそうになったらスリングからサッと出してさせちゃい、終わったらまたスリングに〜。

東南アジアでもオムツしないで育てる国が多い。



戦前の日本の主婦向け雑誌では、

「生後1ヶ月ごろからなるべくおまるにさせるような習慣」をすすめたり、

「便意を教えるようになるまではおむつを使わなければならぬものと思い込んでいるお母様があるとしたら、それはわざわざ悪い習慣をこどもに強いているようなものです」

なんて書かれていたそうです。



欧米でEC (Elimination Communication = 排泄コミュニケーション)が、

意識の高いママ達の間ではおむつ外排泄!?(笑)は注目されてる。




これってつまり、赤ちゃんは排泄のサインを出すことができるってこと。

実際に次男くんのおまる生活をはじめて感じたのが、

思ったより早い時期から、「お!したいのね♪」ってわかるようになったの。

(まぁ、100%ではないけど、だいたいはわかる。ホントよ〜。)

彼が自分から「そろそろです。おまるの準備、お願いしまーす!」

と、うったえている気がして、いそいそとおまる準備をしています(笑)




世界を見渡してみれば、おむつに頼らないで子育てするって、珍しくはないみたい。

赤ちゃんの排泄コントロール能力を失わせない、おむつに頼らない育児

ゆるやか〜に、継続中です♡



★ゆるやか「おむつ無し育児」のはじめかた
http://aiainf.blog94.fc2.com/blog-entry-424.html

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2015/10/16 Fri. 13:48 [edit]

category: 妊娠・出産・子育て

thread: 育児日記  -  janre: 育児

tag: おむつ  おむつ無し  おしりケーション  育児  トイレ  布おむつ 
TB: 0    CM: 0

16

健やかな産後のために 

久しぶりのblogです。

妊娠中のこととか、出産のこととか。

自分の身体を使って試したあれこれ(人体実験!?笑)の報告もしたいのですが。。。


産後しっかりと休ませてもらい、

1ヶ月健診やら、お宮参りやらもぶじに終わり、

そろそろ活動再開ってころに、長男(3歳)が夏休みに突入!

私のパワーは子ども達に全力で注いでおります(笑)

ということでそんな話しを書くのは、いつかまた♪

今日は、オススメ本の紹介です。



私がこの夏を子ども達と元気に夏が過ごせているのは、

産後しっかりと休んだおかげ♪

それは何より、

家族のサポートがあるからこそ。

特に、旦那さまの協力があってこそ!

だと、痛感しております。(感謝。。。♡)



心身ともに健やかなマタニティライフ&産後も、楽しい育児も、

ママひとりの力じゃ到底無理。周囲のサポートあってこそです♪




でも男の人が考えるサポートって、ちょっとズレていたりするのよね。

最近は自称「イクメン」のパパも多いけど、男性は家事や育児を

「時間的に」どれだけやったか。

で真価が問われるって思ってないかしら?


「奥さんが疲れている時、ご主人はどうしますか?」

という質問に、多くのパパさんが

「妻に代わって、家事・育児をする」と回答するのだとか。

でも妻の多くは夫に家事をやってもらっても疲れはとれないと答えまるとか。



このギャップ!!笑

もちろん、家事をやってもらうことはとてもアリガタイです。

でも、助かる=疲れがとれる ではないのです。



そんな、夫の勘違いや産後の「あるある!」を、

夫の視点から書かれた書籍がこちら↓


「産後が始まった! 夫による、産後のリアル妻レポート」
   渡辺大地 (著), 青柳ちか (イラスト)
51nF1ikJviL.jpg



パパが読めば、自分の勘違いに気が付き、

ママが読めば、「男の人って、こんなふうにわかっていなかっただけなのか」と、

お互いの理解が深まり、会話も増えるはず。

サラサラッと読めるので、ご夫婦で読んでみてくださいね。



ブログランキング・にほんブログ村へ


Posted on 2015/08/03 Mon. 12:31 [edit]

category: 妊娠・出産・子育て

TB: 0    CM: 0

03

ご報告・感謝♡ 

6月4日の早朝、新しい家族が誕生しました。

妊娠から出産まで、ほんとうにたくさんの人達に支えられ、

母子ともに元気に退院できたことに、感謝の気持でいっぱいです。

ありがとうございます。



産まれたばかりから、坊やはよく飲み、よく寝てくれています。

この時期は、ほんと天使の世界ね。

何をしても、愛おしい。。。♡



体調はすこぶるよく、動けてしまうのですが。

でも、産後の過ごし方はとても大事。

産褥期を大切に、穏やかに過ごしたいと思います。

ということで、しばらく引きこもります(笑)



ゆっくりと活動再開していきたいと思いますので、

これからもどうぞよろしくお願いします。


IMG_1495.jpg

新生児微笑。幸せ気分なところに、さらにご褒美もらった気分♪



Posted on 2015/06/09 Tue. 12:16 [edit]

category: 妊娠・出産・子育て

TB: 0    CM: 2

09