09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Natural Flow

目指したいのは、こころと体が喜ぶsimple&naturalな暮らし。ヨガや、それにまつわる日々のことを、ポツポツとつぶやいてます。松戸を中心に、アーサナ自体を瞑想的に行うスタイルでヨガクラスを開催中。赤ちゃん連れOKの子連れヨガもあります☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

秋の「なんとなく不調」には 

爽やかな日から一転、今日は一日中冷たい雨でした。
小さな金木犀の花が、この雨で散ってしまわないかが気になってしまいます。
そんな小さな気がかりぐらいならいいのですが...。

この時期、なんとなく気持が塞ぎ込む、疲れを感じる、
やる気が起きない、アレルギーが出る...。
そんな症状を感じる方も多いのでは?
特に、こんな冷たい雨の時には実は要注意なんだそうです。

夏が終わり夜が長くなる秋は、一般に副交感神経の働きが上がります。
秋雨前線が連れてくる低気圧も、同じように副交感神経を刺激。

副交感神経というと、いわゆるリラックスを支配する神経。
血管を拡張させ、心拍や呼吸をゆっくりとさせて、
免疫力を整える働きもあり、いいことばかりにも思えますが、
やっぱりバランスが大切。
季節の急な変化で、活動モードを支配する「交感神経」へのスイッチが入りづらくなった時、
「なんとなく不調」が発生しているのかもしれませんよ。
季節の変わり目は体調を崩しやすいといわれるのは、
自律神経が関係していたんですね。

こんな時は思い切って活動的に過ごしてるのもひとつの方法。
お天気がよければ、早起きして朝日を浴びる。
じっとしていないで、出かけてみたり体を動かしてみる。
そんな風に、自分なりの「交感神経スイッチ」の入れ方を見つけてみると効果があるかもしれませんね。
もちろん、本当に体が疲れていて休息を求めていることもあるので、
その見分けができるように、普段から自分の体と向き合っていることも大事ですけど。

ということで、今月のレッスンでは動くところはしっかりと動いて、
大きな伸びや、後屈系を多めに取り入れながら行っています♪
交感神経と副交感神経のバランスが取れた状態を目指して。
澄み渡った秋の空のように、自分の体の中も、気持も、すっきり遠くまで見通すイメージでね。
「運動の秋」と言われるけど、なるほど理にかなっているんですね~。


ブログランキング・にほんブログ村へ


Posted on 2011/10/05 Wed. 18:37 [edit]

category: ヨガ&瞑想

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://aiainf.blog94.fc2.com/tb.php/296-a7cc88be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。