05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

Natural Flow

目指したいのは、こころと体が喜ぶsimple&naturalな暮らし。ヨガや、それにまつわる日々のことを、ポツポツとつぶやいてます。松戸を中心に、アーサナ自体を瞑想的に行うスタイルでヨガクラスを開催中。赤ちゃん連れOKの子連れヨガもあります☆

2010年10月のクラステーマ 

厳しかった残暑も過ぎ、ようやく秋がやってきましたね。
少し涼しくなると空気が澄んで、星もよく見える気がします。
窓を開け、ヒンヤリとした空気を吸い込むと、どこからともなく金木犀の香り。
今年も、もうそんな季節なんだなぁ...としみじみ感じ入るこのごろです。

さて。
今月のNatural Flow(ナチュラルフロー)、そしてヨガ・ベーシックのテーマは「呼吸」です。
呼吸って、意識的にも無意識にも動かせますよね。
それは私達の身体の中では唯一のこと、特殊なものです。
意識的に動かす「随意神経系」。
無意識に動く「付随神経(自律神経)」。
この二つの異なった神経の療法に支配されているのが呼吸です。
呼吸を意識して調整するということは、無意識の部分である自律神経の活動状態をコントロールすることに繋がるのです。

そして、呼吸は感情や気分なんかにも直接結びついているでしょ?
怒ったり、怖がったり、狼狽したりした時を思い浮かべてみてください。
呼吸は、そんな時の感情を平穏へと導く事ができたりします。
呼吸は身体の機能としてだけではなく、感情やこころの状態にも働きかける架け橋なんですね。
そのせいでしょうか、多くの言語で「呼吸」と「霊」は同じ言葉で表現されているとアンドルー・ワイル氏は言っています。

サンスクリット語で呼吸は「プラーナ」。
そこには生き物 (すなわち息物) の生命力そのものという意味が含まれています。
ヘブライ語では「ルアチ」、
ギリシャ語では「プネウマ」、
ラテン語では「スピリトゥス」がそうです。
日本語の「息」は「生き」と同じ発音なのもそうかもしれません。

呼吸は霊、もしくは生命エネルギーの象徴として、古くから尊ばれてきたのですね。
だから深い呼吸をおこなうと、それだけ生命エネルギーは濃縮され、生命力は高まると考えるのは自然なことなのかもしれません。

そんな事を意識しながら、爽やかな秋の空気をヨガでたっぷりと取り込んでいきましょう!


※先月(9月)のテーマはこちら

     big yawn


ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2010/10/05 Tue. 18:34 [edit]

category: 今月のテーマ

TB: 0    CM: 2

05

コメント

勉強させてもらいました 

呼吸の大切さはレッスン時に毎回聞きますが、しっかりしたこのような説明は当然なかったのでとっても勉強になります!
根拠を意識しているのと、ただ大切だと言って頑張るのでは雲泥の差があると思います。
本当にありがとうございます。

URL | おにぎり #ncVW9ZjY | 2010/10/10 18:42 | edit

 

おにぎりさん

コメントありがとうございます!
呼吸って、とっても身近なもの。
でも、わかっているようでそうじゃないかも!?って思いますよね。

私ももっと勉強して、そして体験を増やしてみなさんにお伝えできたらいいなぁって思います☆

URL | ai-ai #DiU9dFfk | 2010/10/15 18:45 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://aiainf.blog94.fc2.com/tb.php/237-b1586486
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list