09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

Natural Flow

目指したいのは、こころと体が喜ぶsimple&naturalな暮らし。ヨガや、それにまつわる日々のことを、ポツポツとつぶやいてます。松戸を中心に、アーサナ自体を瞑想的に行うスタイルでヨガクラスを開催中。赤ちゃん連れOKの子連れヨガもあります☆

【レポート!】『ママと赤ちゃんのためのベビーマッサージ 2015.9〜10』 

ママと赤ちゃんのためのベビーマッサージ 2015.9〜10』が無事に終了しました。

過ごしやすい秋は、赤ちゃん達にもちょうどよく、マッサージもやりやすいいい季節でした。

各回80分と少し長めに時間をとったのは、赤ちゃんのようすに合わせて、

マッサージにするか、お話(説明)タイムにするか選べるようにするため。

お家でやるときは、あかちゃんのご機嫌のいいときに。。。

なのですが、講座の限られた時間内ですからね。

もちろん、赤ちゃんはずっと寝ていてもたくさん泣いていてもOKな講座です。

でも、少しでもご機嫌のよいタイミングに、

マッサージを体験してもらえたらいいなぁと思っています。


マッサージのオイルには、低温圧搾の100%植物油をオススメしています。

スイートアーモンド、ホホバ、。。。

それぞれに特徴のあるマッサージオイルがありますが、

講座で用意しているのは、「太白ごま油」。

そう、スーパーなどでも売られている食用の透明なごま油です。

比較的トラブルが少なく、手軽に入手できるので、

いつものお買い物ついでに買っていただけたら、

マッサージを習ってすぐに始めてもらえるかなと思って。

でも、意外と置いていないスーパーもあるみたいですね(汗)

食用としても、酸化しにくく使いやすいオイルなので、

全国のスーパーさん、太白ごま油おいてくださーーい!笑



では、参加いただいた方のご感想です☆☆☆☆☆

・ベビーマッサージは脳や神経系の発達を促すことや、免疫力があがるという話しが興味深かった!

⇒脳の発達は必ずしも重さに比例しているわけではないのですが、出生児400gの脳は生後半年で2倍の800gにまでなります(大人は1300~1400g)。また脳内ネットワークのほとんどは3歳までに形成されると言われていて、乳幼児期は脳が急速に発達する大事な時期。いっぱいマッサージしてあげてください。

・リフレクソロジーの知識があり、今までも自己流でベビーマッサージをやっていたけど講座で教えてもらってからは子供の反応が全然違った。きちんと教えてもらえてよかったです。

⇒ベビーマッサージは誰にでもできるもの。けっして難しいテクニックではないのですが、ちょっとした注意で変わってくるのかもしれません。また、赤ちゃんは不思議なほどマッサージをするひとのココロを感じとります。意識の持ち方が変わると、赤ちゃんの反応も変わってきますね。

・耳や足のツボなど、考えてみれば大人に効くツボと同じで良いのですね。大人が気持ちいいのは、赤ちゃんにも気持ちいいはず。ねグズりの時にやったら、いい顔して寝ました。
とても勉強になり、参加してヨカッタです。ありがとうございました。


⇒赤ちゃんにはまだ大人と同じというほどはっきりとしてはいないということなのですが、それでもツボ付近をマッサージする事で効果が期待できると言われています。いい顔、私もみたいな~♡

・マッサージとは全然関係ないですが、腹ばいの練習の仕方は参考になりました!

⇒背中のマッサージをするときに、首座り前の赤ちゃんにとって、背骨に不自然な負担をかけることなく腹這いにさせるための簡単な方法があります。ハイハイや立っちをいそがせることは全くないのだけど、首座りだけはちょっと練習させるといいのよと、以前整体師の先生が教えてくれた方法をご紹介しました。マッサージに直接関係なくても、お役にたてることがあって嬉しいです。

・赤ちゃんだけでなく、上のお兄ちゃん(4歳)にもマッサージをしました。今まで寝る前には何冊も本を読んで…と寝かしつけに苦労していたのに、寝る前にマッサージをするとストンと(やっている途中から)寝むってくれてビックリ!もっと早くから知っていたらよかった。

⇒そうなんです!赤ちゃんにだけでなく、上のご兄弟がいればぜひ一緒にマッサージしてあげて下さい。驚きの寝付き効果♪よかったですねー。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆

マッサージしている時、赤ちゃんもママも、と~っても素敵な顔をしています。

その昔、さわること自体が薬のような役割を果てしていました。

その中でもママの手は赤ちゃんにとって特別だよね。

と、うっとり見とれていて、写真を撮り忘れていました…。

しかも、3回も講座したのに…(プレゼントしたかったのにゴメンナサイッ)

IMG_3630.jpg
※こちら、講座中おりこうに頑張ってくれた次男くん。
 マッサージ、だ〜い好き♡


今回受講いただいた3組のみなさん、

赤ちゃんがご機嫌でいても、泣いていても、ちゃんと語り合って、向き合っていらっしゃいました。

大らかな素敵なお母さんばかり♡

赤ちゃんに囲まれて、幸せなひとときでした。

ご参加いただきありがとうございます!!


次回講座開催は11月~12月です。
1回目・11月20日(金)9:20~10:40
2回目・11月27日(金)9:20~10:40
3回目・12月1日(火)9:20~10:40

詳細はこちら▼
http://news.hasyoga.net/?eid=1285760

Posted on 2015/10/30 Fri. 11:42 [edit]

category: ベビーマッサージ

thread: ベビーマッサージ教室  -  janre: 育児

TB: 0    CM: 0

30

【募集!】妊婦さん&産後ママ向け「おまたぢから®講座」開催 2015.11.26(木)~マタニティ&産後ヨガ割引券プレゼント!~ 

おまたぢから®って、「月経血をコントロールする」ってものでしょ?と、思っている方。

それ、ちょっと違いますよー!

妊娠中や産後で、今は生理が無いから関係ないのーって思っている方。

それ、もっと違いますから!!



すべての女性にむけた「おまたぢから®講座」ですが、

そのなかでも、妊婦さん&産後ママにとって、どれだけ大切&必要なことか!!

先日2人目(次男くん)を妊娠出産するなかで実感しつづけておりました。

このリアルな体験を盛り込んだおまたぢから®講座」を開催します♪



<スペシャル特典>
ライターやモデルとしても活躍しながら、マタニティヨガや産後ヨガの普及にも情熱を注ぐHana先生の『マタニティ&産後ヨガ with Baby』で使える500円OFFチケット(3ヶ月間有効)をプレゼント♡
講座同日にもクラス開催があります▼

http://news.hasyoga.net/?eid=1285756


omata-pregnant002.jpg


うちの次男くんは、

おまたぢからと出会って授かり、
おまたぢからの知恵で育み、
おまたぢからの技!?で生まれ、
おまたぢからのおかげで、健やかに成長


しているようなものです(笑)



「おまたぢから®」ってね、

妊娠中も!

出産の瞬間も!!

もちろん産後も!!!


知ってて良かった~。

やってて良かった~。

ってことが満載なんです。



実際、1人目に比べて、2人目の産後は

身体の回復が全然違いましたもの♪
出産するには高齢といわれる年にも関わらず~w)



普段講座でお伝えしている、

「特に大事に過ごした方がいい時期&気を付けたいこと」が、

妊娠中は、絶賛継続中だと思って下さい。

だって、それは

子宮(=赤ちゃん)にあったかい血液をたっぷり送ってあげる

ことに直結したことなのですから♡



そして講座で目指している「しなやかな骨盤底筋群」は、

大きくなる妊婦さんのお腹をハンモックのように支え、
スムーズな分娩を促し、
産後の母体の回復を促す


ために、とっても大切なものなの。

ガッチリ強固ではなく、「しなやかな」ってのがポイントです♡

これ、おまたの切れない出産のためにも、大事なのよー。



妊娠出産という大きな変化は女性がさらに輝くチャンス!

でも実際には、妊娠中から産後にかけて、

便秘、痔、尿洩れ、パカパカおまた(苦笑)。。。など、

なんらかのお下のトラブルになる方は、

なんと半数以上(多数派)!!



「みんなそうなんだってね~」ではありませんの。

「そのうち治るわよねー」と放置しないでね。

そのままだと、将来もっと大変なことにもなりかねない!です。

お下トラブルは、ちょっとした意識と自己努力で、予防も改善もできるんですから。



さらに!今回の講座では、

私自身が「これはよかった!」と思った産後直後からできる母体ケアのエクササイズもご紹介。

たとえば。。。

出産下がってしまった子宮や膀胱、諸臓器を引き上げる呼吸法とかはね、

出産直後からやってもらいたいもの。

だから、妊娠中から知っていてもらいたい!!

もともとはヨーガにある呼吸法なんだけど、産褥ケアの盛んなフランスでも、

この呼吸法をオススメしているんですって!

もちろん、「産後お腹が出たままなんですけど~」

という方にもとっても効果的です。

(産後ママは、お腹を気にして膝立腹筋とかしてはダメですからね!)



妊産婦さんにむけたオリジナル講座。

ぜひ聞いて、試して、お帰りください!



そして、妊婦さんはもしかすると、

『おまたが切れない出産』が出来ちゃうかも♡

『おまたが切れない出産』といえば、先輩おまたマスターのKIMIさん♡

妊娠中にKIMIさん流の会陰マッサージを享受いただいてました▼
『おまたの切れない出産!?レポート『妊産婦さん向け・身体の見直し『おまたぢから®』セミナー!』
http://aiainf.blog94.fc2.com/blog-entry-405.html


でもね、毎日必ず!とマメにはできなかったの。。。(汗)

できる範囲で、気が付いたら、私なりにやりやすい方法にアレンジして。。。

と、けっして優等生ではなかったのですが、

無事におまたの切れない出産ができました!



産院には当たり前のように置いてあるドーナツクッション。

そのお世話にならないって、すごーく快適よ。

赤ちゃんのお世話が、産後の回復が、全然違ってきちゃうんだから♪

とっても簡単だけど効果あり!な私流会陰マッサージ方法もぜひお持ち帰りくださいませ♡



切れないためには出産のその瞬間にもコツがあります。

私はソフロロジー式分娩法での出産だったのですが、

イキマナイ出産ってどういうこと?

妊娠中にどんなことをしていたらいいの?

赤ちゃんが主体の出産や、お母さんと赤ちゃんの負担が小さくなる方法など、

産院やママパパ教室では教えてもらえないこと、

私の経験と失敗!?をふまえて、お時間の許す限りお伝えしますね。



もう、話したいことがいっぱいで、

2時間半でお伝えしきれるかしら。。。。

今からドキドキしております。



百人いれば百通りの、妊娠・出産・子育てがあります。

何があるかはわからないし、

どんな出産もすべて素晴らしいものです♡

でも、お母さんと赤ちゃんのために、

やれること、知っておくといいことが、

やっぱりあるんだな~と思います。

(帝王切開の方にとっても、同じですよ♡)



少しでも多くのママ達が笑顔でBabyと向き合えますように。。。♡

会場でお待ちしております!



★★★

今回は講座終了予定が12時40分と少し遅めです。

妊産婦さんは特にお腹が空くと思います(私もですw)。

おにぎりなど、簡単に食べられるものを持参いただいて、食べながらの受講もOKにします。

また、しっかり食べたい方は講座後にそのまま会場でランチしていただいてもいいですよ。

同日13:45からの「マタニティ&産後ヨガ/Hana先生」を引続き受講することも可能です。

*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*
■ 開催日  
2015年11月26日(木)10:10~12:40  ドアオープン 10:00

■ 開催場所
築地社会教育会館  3階和室
地下鉄 「東銀座駅」または、「築地市場駅」から 徒歩5分

▼ アクセス
http://chuo-shakyo.shopro.co.jp/tsukiji

■ 参加費   
5,000円 
※今回受講の方には、「マタニティ&産後ヨガ(with Baby)/Hana先生」で使える500円OFFチケットをプレゼント!

■参加対象  

妊婦さん、産後ママ向けではありますが、産後ずいぶん時間が経っている人や、これから子どもが欲しいなーという人も、興味がある方は参加OK!すべての女性が対象です。
また、Babyだけでなく、ご兄弟など小さなお子さま(未就学児)連れでも参加いただけます。


■ 持ち物   
筆記用具 飲み物 必要があれば軽食

■ 講師   
Ai(原口愛)

■ その他   
軽く身体を動かします。動きやすい服装がお勧めです。
また、骨盤底筋群に触れてチェックをするため、Gパン、毛糸のパンツはご遠慮くださいね。(会場でお着替えすることも出来ます)

■ 申込み・お問合せ
https://namaste-yoga.ssl-lolipop.jp/inquiry/index.html
又は、info☆hasyoga.netまで(☆→@にしてください)
※お悩みや気になる事がある方は、お申し込み時にメッセージ欄に記入くださいね。

*ーーー*ーーー*ーーー*ーーー*
では、あらためて。。。
おまたぢから®をご存知なかった方に、「おまたぢから®講座」のご案内です。


毎月お付き合いする生理のこと、どのくらい知っていますか?

女性にとって生理は、いまの自分の状況を伝えてくれるサイン

『自然な生理』は、本来の女性らしい身体であることを意味します。


産みたい時に、産める身体に。。。♡

赤ちゃん待ち(妊活中)の方はもちろん、

経血コントロールに興味が無くても、生理トラブルを感じていなくても、

まだ生理を迎える前のお嬢さんや、もうすぐ生理卒業を迎える方も。

すべての女性に知ってもらいたいお話しとワークの講座です。


もちろん、妊娠中や産後で今は生理が無い方もご参加いただけます。

というか、むしろ妊娠中~出産~産後にこそ、『おまたぢから®』を身につけてもらいたい♪



お子さま連れOK(未就園児)です♪

産後におまた環境が変わった(パカパカ)かも!?という方も、

是非ご参加くださいね☆


日常で行える簡単なケアとトレーニングで、

健やかな身体と『自然な生理』を手に入れる、

すべての女性応援講座です。

topimg_omata.jpg


女性の一生のうち、生理があるのは平均で35~40年間。

現代では450~500回ほどやってきます。

毎月5日間は月経期間だとすると。。。

なんと生涯で6年半以上も生理と付き合うことになるのだとか?!


そんな、女性と切っても切り離せない生理ですが、

なんらかの苦痛や悩みを持っている人が、

全体の8割以上もいるのが現状。

でも、本来は。。。

・痛くない! どころか、

・気持がイイ♪ 


ものだと言ったら驚きますか?

そして。。。


・夜は排血しない

・すっきり始まり、すっきりと終わる。

・3~4日で終わる ・・・etc 
 


この『自然な生理』、

ご自分やお友達から聞く生理とは、ずいぶんかけ離れていませんか?



ちょっと前の日本人女性は、当たり前のようにトイレで排血をし、

7~8人の子どもを産み、育てることも珍しくありませんでした。

そんな先輩達と私達の違いは何なのでしょうか?

『自然な生理』に必要なのは、骨盤底筋群だけではないですよ。

先輩達の生活をヒントにすると、現代に生きる私達が見直したい生活のポイントが、いろいろ見えてきます。


知っているようで知らない、
生理のことや女性の身体のしくみを知ることも大事


そのうえで、トイレで排血する“経血コントロール”の実践にむけた

骨盤底筋群を鍛える方法をお伝えします。

少人数制なので、

ひとりひとりの身体(骨盤底筋群)にしっかりと触れながら

正しい動きをチェックしていきますね。

本来の健やかな身体を手に入れるために、その日から実践できる生活の見直し方やワークを学んでいってください♪


<こんな方にお勧め>
・生理にトラブルや苦痛をお持ちの方
・生理がダラダラ続く方
・トイレですっきり経血を出してみたい方
・自己流でうまくいかない方
・ホルモンバランスが崩れているように感じている方
・冷え症の方
・尿漏れが心配な方
・女子力アップさせたい方
・これから生理がはじまる女の子やそのママ
・妊活中&いつかは赤ちゃんが欲しい!と思っている方
☆今回は特に「妊婦さん&産後ママさん」にむけた内容をお伝えします!



私自身、「もっと若い頃から知っておきたかった~!」という内容を詰め込んでいます♪

生理は命を育み、次の世代につなぐための大切なもの。

”嫌だな”とか
”来なければいいのに”と思って過ごすのではなく、
”今月もきた♪”と、お迎えするつもりで過ごしたいですよね。
毎月のブルーな生理を、ハッピーデイに変えてしまいましょう。

▼講座の様子や感想はこちらから♪
http://news.hasyoga.net/?eid=1285713
・http://news.hasyoga.net/?eid=1285697
・http://news.hasyoga.net/?eid=1285678




<講座内容>
 【座学】
・女性の身体と生理のメカニズム
・現代女性のライフステージ(生理・妊娠・閉経)事情
・自然な生理とは?
・女性の身体を整える暮らし方
  ~生理リズムに合わせた過ごし方~
・女性本来の自然な身体のための、生活見直しポイント
  〜昔の日本人女性の生活とは?
・生理痛のからくりとケア
・経血について
ナプキンについて
  ~布ナプキンってどうなの?/それでもケミカルナプキン使いますか?など~
・生理トレーニング実践のコツ  
★妊娠中に大切にしたいこと。
★健やかな妊娠・出産・産後のためのおまたぢから®
★産後の過ごし方

など

【実技】
・身体を整える呼吸法
・骨盤底筋群のしめゆる運動
・体温め(心拍数UP)「コー◯ン体操」
★出産直後からできるエクササイズ
★産後、骨盤のぐらつき、違和感が解消されない場合に試しせる事。   

など。

 ※ご自分の生理状況をチェックできる、「オリジナルテキスト」付き♪
 ※女性限定・少人数制です。
 ※講義は生ものですの。内容が変更となる場合もございますのでご了承ください。



ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2015/10/28 Wed. 11:15 [edit]

category: クラス・講座のお知らせ

thread: 初めての妊娠・出産・育児  -  janre: 育児

tag: 出産  妊娠  生理  トラブル  経血コントロール  おまたぢから  ナプキン 
TB: 0    CM: 0

28

育ち盛りに食べさせるって、気持いい 

昨日の日曜日は、「お外ヨガ@北の丸公園」でした。

我家も家族でお手伝いとして参加〜。

ちひろ先生、はな先生の坊や達も来ていました。



そんな彼らは、お腹の中にいるときから「お外ヨガ」体験者。

慣れたもので、昨日も9時前後に北の丸公園に到着するとテキパキとお手伝い。

ヨガがはじまると一緒に参加するちびっ子ヨギーに。。。。



なんて、ことはあるはずもなく(笑)

到着するなり、まだ人気の少ない芝生広場を走り回る!!

絡み合う、転がりまくる。。。

ヤンチャ盛りの男の子3人を追いかけていては、お手伝いもできませーん。

ということで、昨日は旦那さまに坊や達を任せておりました。

(ありがとー!助かりましたー♪)



どこでどんな遊びをしていたのやら。

受付も終わり、クラスがはじまって一段落と思っていたところに、

3人そろって「お腹すいたーーーー!!」の声。

この時、まだ10時半!?

ちょいと早すぎるんじゃないかい?苦笑



でも用意していたオヤツのおせんべいとナッツは、とっくに食べ尽くしている。。。

ランチに用意してきた「おにぎらず」があるけど食べるかい?

に、大きく「YES!!」のお返事。

Evernote Camera Roll 20151019 095214

Evernote Camera Roll 20151019 095213


手渡した時の、真剣な顔(ふふっ)。

ちょっと大きめのおにぎらずだけど、

みんなペロリッと食べてくれました。

育ち盛りがモリモリ食べる姿は、なんとも清々しい!

いっぱい身体を動かしたときは、お菓子よりフルーツより、

やっぱり「ご飯」だよね



見事な食べっぷりを見せてもらいながら、

ちょっと幸せな気分を味わっていました。

自分がつくったものを「美味しー♪」と目の前で食べてくれる子達がいる。

それって、けっこう嬉しいな〜♡と思う日曜日でした。




会場の芝生広場にはちょっとした水辺があってカワセミがいたり、

広場にはトンボや大きなバッタがいたり。

持っていった凧は、北の丸公園では使っちゃダメだったけど、

自然の中では、子ども達は飽きること無いのよね。




よく遊び、よく食べ、よく寝むる〜。

(みんな帰ったら爆睡だったみたい)

うん、いい子達だ♡

みんなすくすく、大きくな〜れ〜♪



この日のお外ヨガのレポートはこちら▼
http://news.hasyoga.net/?eid=1285752

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2015/10/19 Mon. 15:00 [edit]

category: 妊娠・出産・子育て

thread: 育児日記  -  janre: 育児

TB: 0    CM: 0

19

おむつ無しって、おむつ使っていいのね〜 

おむつ無し育児」って知っていますか?

おむつ無し」というワードだけは聞いたことあるって方も多いのかも。



おむつをしない。。。

中国のあたりで使われている「また割れズボン」とか、

66809039.jpg

UTAU babyさんから画像おかりしました。

南の島のこどもみたいに、ノーパンっ子で育てるのよね。

失敗すれば、お洋服だけじゃなくお部屋は「オ○ッコ」や「ウン○」まみれ。。。



おおらかに育児をしたいと常々思ってはいても、ちょっとそれはハードルが高すぎるわぁ。

それに、お尻出していたら寒いよ、冷えるよ。

そう思っていました(笑)




ところが先日、おむつ無し育児研究所の所長の和田智代さんの講演会に行ってみたら、

自分の大きな誤解に気が付きました。



おむつ無し育児」って、おむつ使ってもいいんですって!!


(ちゃんとお勉強している人には当たり前なのでしょうが、知りませんでした。。。)

定義としては、

「なるべくおむつの外(オマルやトイレ等)でオシッコ/ウンチをさせる育児


ということ。

オマルやトイレでさせなくても、

おむつを開いてその上でさせてあげるだけでもいい。

要するに、おむつをトイレとして使う習慣をなるべくつけないってことみたい。

普段は、また割れズボン、パンツだけじゃなく、おむつ付けていてもOK!




あれ。。。!?それなら私もやっていることじゃない♪

実は我家の次男坊くん、首がすわったかなーという3ヶ月少し前ごろから、

少しずつですがオマル生活していますの♡

IMG_3410.jpg

(もうスッキリ終わっているのに、写真撮りたい母に付合いきれず飽きている次男くん...)



きっかけは、先輩おまたマスター KI MIさんの講座▼

おまたの切れない出産!?レポート
『妊産婦さん向け・身体の見直し『おまたぢから®』セミナー!』

http://aiainf.blog94.fc2.com/blog-entry-405.html




でもどうして、わざわざ広げたおむつにさせたりするのをすすめるのか。

おむつ無しの利点は、コミュ二ケーションだとか、洗濯やゴミが減るとか、

他にもいろいろあるということだけど、



「おむつは大人の都合でつけられて、大人の都合で外されるだけ」

「排泄の自立と、おむつ外しは別の話し」




という話しに、目からウロコ!!

確かに、オムツって「お部屋や服を汚されたくない」という大人都合のもの。

赤ちゃんの気持とか、本来もっている能力とか、考えたことなかったよ。

時々オムツ替えの時に、ピャーーーッ!!と噴水のようにされて慌てるけど、

赤ちゃんにとっては、オムツで出すよりそっちのほうが気持ち良いんだろうね。

(そんな時、うちの坊やは「ニヤリッ」って笑いますもの)




大人の生活にあわせてオムツ排泄を教えられ(?)、

しばらくするとオムツで排泄しないことを学習しなおし(トイレトレーニング)になる。。。。

二度手間ってことかしら??




スリングで育てるアフリカのお母さん達は、まったくオムツを使わない。

赤ちゃんがしそうになったらスリングからサッと出してさせちゃい、終わったらまたスリングに〜。

東南アジアでもオムツしないで育てる国が多い。



戦前の日本の主婦向け雑誌では、

「生後1ヶ月ごろからなるべくおまるにさせるような習慣」をすすめたり、

「便意を教えるようになるまではおむつを使わなければならぬものと思い込んでいるお母様があるとしたら、それはわざわざ悪い習慣をこどもに強いているようなものです」

なんて書かれていたそうです。



欧米でEC (Elimination Communication = 排泄コミュニケーション)が、

意識の高いママ達の間ではおむつ外排泄!?(笑)は注目されてる。




これってつまり、赤ちゃんは排泄のサインを出すことができるってこと。

実際に次男くんのおまる生活をはじめて感じたのが、

思ったより早い時期から、「お!したいのね♪」ってわかるようになったの。

(まぁ、100%ではないけど、だいたいはわかる。ホントよ〜。)

彼が自分から「そろそろです。おまるの準備、お願いしまーす!」

と、うったえている気がして、いそいそとおまる準備をしています(笑)




世界を見渡してみれば、おむつに頼らないで子育てするって、珍しくはないみたい。

赤ちゃんの排泄コントロール能力を失わせない、おむつに頼らない育児

ゆるやか〜に、継続中です♡



★ゆるやか「おむつ無し育児」のはじめかた
http://aiainf.blog94.fc2.com/blog-entry-424.html

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2015/10/16 Fri. 13:48 [edit]

category: 妊娠・出産・子育て

thread: 育児日記  -  janre: 育児

tag: おむつ  おむつ無し  おしりケーション  育児  トイレ  布おむつ 
TB: 0    CM: 0

16

ベビーのためだけじゃない!?その2 

前回、ベビーマッサージは幼稚園や小学校に入るような大きくなってからも、

とっても使えるツールだってお話を書きました。

赤ちゃん返りに効果があったりね。

お友達と喧嘩しちゃったりとか、

昼間にちょっと刺激がつよい体験があった日にも、おすすめ。



子ども達がたっぷりの愛情をもらって、

「愛されてる」「受入れてもらえてる」

そんな風に実感して満たされる時間にすることができるんです。

難しいテクニックは必要なく、「意識」をかえるだけでね。



詳しくはこちら「ベビーマッサージはベビーのためだけじゃない!?」



でも、「意識」の他にも理由があるんです。


なんと、ベビーマッサージによってホルモン分泌に変化があって、「ココロを平穏にする効果」が♪



マッサージを行うことで、コルチゾールというホルモンの分泌量が減るんです。

コルチゾールとは、過度なストレスを受けた時に増えるもので別名「ストレスホルモン」。

つまり、ストレスが減ってリラックス状態になるってことね。



また、幸せホルモンとも言われる「オキシトシン」の分泌もUPします。

それによって「脳の状態が安定し、心が平穏」になります。

なんだか幸せだな〜っ♡て気持になれる。



しかも、

される赤ちゃんや子ども側だけでなく、

する側のお母さんやお父さんにもこの効果があるんです♪




赤ちゃんだけじゃなくお母さんのためにもなってしまう!

両どちらも幸せになるなんて、一挙両得♡

だから、「やってあげる」じゃなくて、

「一緒に楽しもうねー」という姿勢がピッタリとはまるのがベビーマッサージ



実際、産後うつのママさん達にベビーマッサージをおこなってもらったら、

症状が改善したんですってよ〜。



産後うつ

自分は関係ないわぁ〜って思っていたのに。。。と言う方多いです。

病院で診断されることなくても、「今振返ると、あれは産後うつ状態だったかも。。。」

というママの声もよく聞きます。



出産後3ヶ月ぐらいまでのお母さんに多いと言われる産後のうつ症状。

産後1ヶ月の引きこもり期間を終え、そろそろお出かけしましょうか♪

という時期に、産後うつで外出がままならず。。。

まして、ベビーマッサージ講座に参加するなんて気分じゃないわぁ。

そんなお母さんもいらっしゃるでしょうね。



だから、私のベビーマッサージ講座では、妊娠中のプレママさんでも参加OKなんです。

講座参加対象は生後1ヶ月半以降なんだけど、

自宅で我が子にマッサージを行うのはもっと早くても大丈夫。

産褥期ママは、できるだけ横になっていたほうがいいから、

きっちり全部をやりこなす必要はないし、

赤ちゃんと一緒に添い寝しながらでも、

まだオイルつけることに抵抗があるなら、お洋服の上からとかでもね。

いろいろ方法はあるんです。




はじめての育児。

はじめての産後。

ココロも身体も変化に揺れ動く時期だから、

ちょっとしたことが、不安をとりのぞくお守りになってくれます。



先輩ママ達の様子に、少し先の自分の姿を重ねてみたりね。

イメージをしておくのもいいですよ。

出産はゴールじゃなくて、育児のはじまりですから。

というか、妊娠中から育児ははじまっているんです。

出産は通過点〜。



ちょっとだけ知識や経験をもっていると、

もしもの時に、ゆとりと自信を取り戻すきっかけになるかもしれませんよ。


ブログランキング・にほんブログ村へ





Posted on 2015/10/11 Sun. 08:29 [edit]

category: ベビーマッサージ

thread: 初めての妊娠・出産・育児  -  janre: 育児

tag: 妊娠  出産  マッサージ  ベビー  プレママ  産後うつ 
TB: 0    CM: 0

11

ベビーマッサージはベビーのためだけじゃない!? 

ベビーマッサージってね、赤ちゃんにだけじゃないのです。

幼稚園に入っても、小学生になっても使えちゃうの♪



うちの3歳の長男くんは、今でもマッサージ大好き。

生後2週間ぐらいからはじめて、途中ちょっとマッサージから遠ざかったこともあるけど。

でも、いまふたたびベビマブームが到来。



我家は親子川の字(って、4人だから川+1ですが)で寝ています。

ちょっと前までは寝る前には何冊も絵本を読むのが日課だったけど、

隣で次男くん(4ヶ月)が寝ているときは、お邪魔になっちゃう。

そこで、長男君にはマッサージをするのが入眠儀式のこのごろ。



次男くんには「ベビーマッサージ」、

長男くんには「お兄ちゃんマッサージと呼び方は変えてね。

呼び方も、けっこう大事なポイントです!(笑)



そのおかげか、うちの長男くんは赤ちゃん返り的なことはあまりなくこれました。

赤ちゃん返りが悪いわけでもないし、子どもの持っている性格にもよると思うんだけどね。

でも、上の子の赤ちゃん返りに効果があったってご意見は、けっこうあるんです。


lgf01a201304260600.jpg


それは、ベビーマッサージが愛情を伝えるツールだから。

たっぷりと触れることは、ベビー期はもちろんだけど、

ちょっと手が離れてきたぐらいの頃だからこそ、

する側にもされる側にも大事なコミュニケーションの時間になってくれます。


なんとなーくやるんじゃなくて、

「大事だよー。愛してるよー。」を手から伝えようと、

ちゃんと「意識すること」が大事。



そして、伝えるだけじゃなく、「聴くこと」も大事にしてくださいね。

愛情溢れるばっかりに、一方通行の語りかけにならないように(笑)



マッサージは相手の気持や日々の調子を「ふれる」ことにより聴き取り、

思いを感じとる時間です。


欲求を言葉で表せない赤ちゃんの場合は、なおさら。

手のひらでメッセージを聴き取り、その全てを受入れる気持で接してみてください。

子ども達は不思議なほど、マッサージするひとのココロを感じとりますよ。



と、このあたりは「ヨガ」っぽい。

今度から講座名を「ヨガ的ベビーマッサージ」にしちゃおうかしら(笑)



こどもたちは

「自分の存在を認めてもらえた」

「生まれたことを歓迎され、祝福されている」

と感じるはず♡

これが生きていくうえで、とっても大切な心のベースとなります。

つまり、「自己肯定感」ってものを育てるんですね。


そんな「ママと赤ちゃんのためのベビーマッサージ講座」

数人集まっていただければ、出張講座も承ります。

(松戸・柏・北千住・船橋を中心にエリアはご相談ください)

お問合せはハスヨガHPからどうぞ▼
http://www.hasyoga.net/inquiry/index.html

Posted on 2015/10/10 Sat. 08:58 [edit]

category: ベビーマッサージ

thread: ベビーマッサージ教室  -  janre: 育児

tag: ベビー  マッサージ  赤ちゃんがえり  育児  成長  効果 
TB: 0    CM: 0

10