12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

Natural Flow

目指したいのは、こころと体が喜ぶsimple&naturalな暮らし。ヨガや、それにまつわる日々のことを、ポツポツとつぶやいてます。松戸を中心に、アーサナ自体を瞑想的に行うスタイルでヨガクラスを開催中。赤ちゃん連れOKの子連れヨガもあります☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

人間万事塞翁が馬 

中国の古い故事にある、「人間万事塞翁が馬」という話しをご存知でしょうか。
ヨーガ療法を学ぶ場で、木村慧心先生はよくこの話しをしてくれます。
ご存じない方のために、簡単に紹介しますね。


『人間万事塞翁が馬』とは…

塞(城塞)のほとりに、老人が暮らしていました。
ある日、彼の馬が逃げ出してしまったため、
周囲の人々は馬を失ったことを気の毒がりました。
でも老人は、
「そんなこともあるさ。
それに、不幸かどうかは果たして分からんよ。」
と、平然としていました。


間も無く、逃げ出した馬は立派な名馬を連れて戻ってきました。
不幸が転じて幸運となったことを、周囲の人々は感心し喜んでくれました。
しかし老人はやはり平然として、逆にこう言いました。
「さぁ、どうかな。これが幸福かどうかはわからないよ。」


その後、老人の息子がこの馬から落ち、
脚が不自由となってしまったため周囲は同情しました。
でも老人は、相変わらず平然としていて、一向に動じない様子でした。


間もなくして、戦争がおきました。
町の若者のほとんどが負傷したり、命を落とす事になりました。
でも、足を折っていた老人の息子は、戦いに行かずに済み、無事でした。



「人間」とは人間(にんげん)の事ではなく、世間(せけん)という意味だそうです。
「塞翁」というのは、城塞に住んでいる「翁(おきな)=老人」という意味です。


何が幸せで、何が不幸かなんて、わからないものだ。
ということを表すと言われています。


幸せに浮かれてみたり、不幸に落ち込んでみたり…
私たちの心はその時々で あっちにこっちに、ふらふらしてしまいます。


ヨガの根本教典(ヨーガ・スートラ)の冒頭でも、
「ヨガとは、心の働きを止滅させることである」
と言っていますが、それだけ私達の心とは移ろいやすいものだからです。


誰しも強くありたいと願っていても、なかなかうまくいかないのは、
目の前に起きる一つ一つに、過剰な反応をしてしまうから。
幸であれ不幸であれ それに飲み込まれないようにすることが大切。


人生というのは何がいいことか、悪いことなのかなんてわからないもの。
それならば、起こる事全ては「天の采配」と、受入れていきたいと思います。
目の前のものに、良い、悪いのジャッジをしないで、おおらかに享受する。。。
辛い事は、この先の自分を成長させる糧になるはずです。
なかなか難しい時もあるけれど、それができたら素敵。


今月のクラスは、そんなことをテーマに行ってみました。


ちなみに、馬の視野は350度!
頭の真後ろの部分を除いて、グルリと周りを見渡すことができるみたいです。
そんな広い視野で物事をみることも、「塞翁が馬」的に過ごすコツかもしれませんね(笑)


ハスヨガ松戸ハスヨガ八柱でのヨーガクラス開催中。
 詳細はHPをご覧下さいませ!
 

ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

Posted on 2014/01/23 Thu. 15:37 [edit]

category: ヨガ&瞑想

TB: 0    CM: 0

23

子連れアート鑑賞のコツ 

吉岡徳仁さんの『クリスタライズ』では、我家のちいさな坊ちゃんも、興味津々。
ストロー状のもので作られた空間や、キラキラ輝く結晶絵画、水のかたまりのようなガラスのベンチに心奪われ、
虹の教会では「いじ(虹)、いっぱいだ〜♡」とうっとりしながら、お昼寝に入っていきました(笑)

crystallize02

といっても、すんなりおとなしく、という訳にはいきません。
1歳10ヶ月、まだまだ言ってきく年頃でもないですからね。

子連れでのアート鑑賞はポイントは、

1.午前中は、子どもの好きな事をしながら、しっかり一緒に遊ぶ!
2.鑑賞前にランチでお腹を満たす!

うちの坊ちゃんは、お外遊びが大好きなタイプ。
東京都現代美術館は木場公園に隣接しているので、もってこいなのです!
雪予報の昨日だったけど、寒さに負けずにしっかり公園遊びできました。

身体を動かした後は、お腹を満たすべしっ。
美術館内のベトナム料理カフェ、Càfê Hai(カフェ・ハイ)はハイチェアあり。
地下の現代洋食がテーマのcontent restaurant(コントン レストラン)は、ゆったりと広いテーブル。
お子さまランチもありましたよ。

まだお昼寝をしてくれるので、この作戦で鑑賞中には寝てしまうパターンです。
本当は、一緒に展覧会を楽しみたいんだけどね。
いつか、そんな日がきたら嬉しいな〜(妄想中)。

実はこの展覧会、「ひよこツアー」なるものがあって、未就園児が美術館スタッフと一緒に楽しめる企画もあったみたいです。
時々、こんな子連れOKな鑑賞日があったりするんだよね。
小さなうちから、たくさんの素敵なものに触れる機会を作ってくれてるなんて、ありがたいです。
できれば、もっと大枠でお願いしまーす!

アート鑑賞に限らず、まずはこどもの気持を満たしてあげるのはコツ。
遊びに「つき合う」のではなく、「本気で一緒に遊ぶ!」
こちらの本気が、何よりこどもの心を満足させます。
他事考えながら遊んでも、すぐに見抜かれてしまうからあなどれません。
黙々とオモチャと向き合っていた赤ちゃん時代と違って、誰かと一緒に遊ぶ事が楽しくなってきていますからね。
今回はお友達のチヒロ先生のご子息と一緒だったので、少し助かりました。
ただ、このふたり。生まれる前からよく会っていたにも関わらず、絡みがいまひとつ。。。苦笑
これは帰りに、もうひと遊び中のふたり。
池の鴨を眺めているのですが、微妙な距離感だわぁ。

futari.jpg


本気遊びのあとは、ママの要求も少しは聞いてくれる気がします。
それも、お願いするというよりは、次はママの遊びを一緒に楽しもう!って感じがいい。
言う事聞いて〜っ!なんて言っても、通じないですもの。
お買い物も、お料理も、掃除も、全部「遊び」にして、ちょっとだけ参加してもらうと、断然楽になる。
そうもいかない場合もたくさんあるけど、ね。

長い目で見たら、今の時期の要求を満たす事の方が、大きくなってからのそれよりやさしいよね。
どこに行くにも一緒、なんてほんの僅かな間だけです。
そう思うと、北風ビュービューの中でも、頑張って外遊びする母でした。
でも、寒いっ(笑)

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2014/01/18 Sat. 09:20 [edit]

category: 妊娠・出産・子育て

TB: 0    CM: 2

18

クリスタライズ観てきました 

東京都現代美術館にて開催される吉岡徳仁さんの個展「クリスタライズ」に行って来ました。

白鳥の湖を聴かせて、結晶化させた絵画「Swan Lake」。
音のもつ波動の違いで、結晶の形状が違ってくるのが面白い。
氷の結晶のようでいて、なぜか優しい印象に引込まれます。

「虹の教会」は、500個ものクリスタルプリズムを透過した自然光が、虹となってあらわれる。
幻想的な光に彩られる空間に、鑑賞者も取り込まれて作品の一部になっているようでした。

crystallize01


デザインとアートの間で自由に創造する吉岡さんの世界は、建築をしていたころから好き。
人の手が入りながらも、自然のエネルギーに委ねられて生まれた作品達は、だれの心にも素直に「美しさ」として響きそう。
展覧会のタイトルでもある、「Crystallize(クリスタライズ=形を与え、結実させる)」という言葉には、自然のエネルギーを結晶化し作品をうみだすという意味が込められているそうです。

『自然の力は、人々に想像を超えた驚きをもたらしてきました。人はその力に心を揺さぶられ、神秘に畏怖し、人知を超えた美しさを讃えます。あの感覚は何なのでしょうか。人はなぜ、自然に心を動かされるのか。それをどのように感じとっているのか。自然自体には美をつくりだす能動はなくても、それをつくりだすエネルギーに満ちています。  (TOKUJIN YOSHIOKA/Crystalize より一部抜粋)』

本来そこにあったものを、誰にでも見える形にクリスタライズ(結実)させただけ。
できるだけ、自分という存在の手跡を残さないようにしているのでは?とさえ感じさせる。
「私(我)」というものを、軽やかに手放して、そこにあるエネルギーにあとは委ねてしまう。
そんな潔さのせいなのか、観賞後はすっきりと爽やかな気持になりました。

アートには、もっと生々しい、毒々しいものも含まれている気がします。
デザインには、計画的、策略的試みが少なからずあるように思います。
そのどちらからも解放された世界は、新しいのに原点に戻ったような、シンプルな美しさに溢れていました。
今回の鑑賞は、なんだかとてもヨガ的に感じたな〜。
と、なんでもそこに結びつけたがる(笑)
新しい年は、我を手放して軽やかにいきたいと思いました。

子連れでのアート鑑賞ポイントは、また別に記載しますね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2014/01/16 Thu. 15:56 [edit]

category: アート・イベント

TB: 0    CM: 2

16

お月さま大好き 

明日の夕方は雪が降るかもしれないそうです。
もし降れば、この辺りでは今年最初の雪ですね。
そして、翌日の1月16日は満月。

冬の澄んだ空気の中、積もった雪が満月に照らされたら、
思っている以上に、明るい夜になるのかもしれない。
新しい年の最初の満月と雪のコラボを、ちょっと期待してみたくなる。

こどもたちも、なぜかお月さまが好き。
絵本にも、主役に、脇役に、ほんとによく月が登場する。
お日様より、お月さまの方が多いんじゃないかな。

ちびっこは、丸いものがすきだから?
ずっと追いかけてくることや、満ち欠けする不思議が魅力的なのかしら?
昼の白い月も、細い月も、太った月も、見つけたら全て「発見!」。

静かで神秘的なイメージだった月だけど、
こどもたちには、もっと多彩でユニークな存在なのかもしれない。
そんな彼らの視点に、こちらもまた「発見!」なのだ。

今までの自分の世界観を、平気でぶち壊してくれる彼ら。
時々、思考が停止することもあるけど(笑)
どうせなら、とことんつき合わせてもらおう。


みんな大好き!
『おつきさまこんばんは/福音館書店』
『すてきな三にんぐみ/偕成社』
1405.jpg

『パパ、お月さまとって!/偕成社」
IMG_9505.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2014/01/14 Tue. 16:30 [edit]

category: 妊娠・出産・子育て

TB: 0    CM: 0

14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。