11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

Natural Flow

目指したいのは、こころと体が喜ぶsimple&naturalな暮らし。ヨガや、それにまつわる日々のことを、ポツポツとつぶやいてます。松戸を中心に、アーサナ自体を瞑想的に行うスタイルでヨガクラスを開催中。赤ちゃん連れOKの子連れヨガもあります☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

2014年1月〜2月のクラス 

2014.1月〜2月の「ハスヨガ松戸」、「ハスヨガ八柱」のスケジュールをお知らせします。

*ーーーー*ーーーー*ーーーー*

『1月・2月のハスヨガ松戸』

お子さま連れで参加できる「子連れヨガ」、ヨーガの王様といわれるラージャヨガをベースにした「ヨガ・ベーシック」の2クラス。
30畳の広い和室なので、どちらのクラスもびのびと動いていただけます。
(※会場の都合により、茶室になる場合もございます)

ヨガスタジオに行くのはちょっと勇気がいる。。。
小さな子どもがいるけど、体を動かしたい!
初心者だけど、ついていけるかしら?

というかたにも、参加いただける内容になっています。
女性限定、少人数制です。
月謝や入会金などはございませんので、都合の良い時だけのご参加もOK!
まずは気軽に体験してみて下さいね。

詳細はこちら▼
http://www.hasyoga.net/studio/matsudo/index.html

【日時】
★ヨガ・ベーシック:10:30〜11:30
2014年1月9日(木)、23日(木)、2月12日(水)、26日(水)
※1月23日は和室、それ以外は茶室での開催です。

※開催曜日にご注意ください!

★子連れヨガ:10:30〜11:30
2014年1月16日(木)、2月4日(火)、18日(火)
※全日和室での開催です。

※開催曜日にご注意ください!

【場所】
千葉県松戸市新松戸3丁目27
「新松戸市民センター」和室(または茶室)

大きな地図で見る

【参加費】
ドロップイン 1,500円
回数券    4,000円/3回(3ヶ月間有効・ハスヨガ松戸の全てのクラスに利用できます)
※夏休みなど、休講を挟んだ場合は有効期限が延長されます。
初回体験   1,000円

【持ち物】
ヨガマット又は大判のバスタオル
動きやすい服装
その他、タオルや飲み物など必要に応じてご用意下さい。
※レンタルマット(300円)もございます。数量限定のため、ご予約下さい。

【その他】
・どちらも女性限定クラスです。
・予約制とさせていただきます。
・お連れいただけるお子さまは3歳ぐらいまでの未就園児です。
・お子さまは同室で自由にしていただくことになります。広いお部屋ではありますが、安全はお母さまが確保してくださいね。
・子連れヨガはお子さまのお気に入りのオモチャ(大きな音が出ないもの)を持って来ていただくことをおススメします。

*ーーーー*ーーーー*ーーーー*

『1月・2月のハスヨガ八柱』

カフェ「スローコーヒー」さんとのコラボクラスは有機野菜たっぷりのランチ付き。
1回だけの受講でもいいので、ちょっとだけ試してみようかな〜と気軽にご参加いただけます。
うれしい無料託児もあるので、お子さま連れでお稽古したい方もどうぞ!

詳細はこちら▼
http://www.hasyoga.net/studio/yabashira/index.html

【日時】
★カフェヨガ〜有機野菜ランチ付き:月2回 金曜日 10:30〜11:30
1月10日(金)、1月24日(金)、2月7日(金)、21日(金)

【場所】
住所:千葉県松戸市日暮6丁目60 B-one(ビーワン) 2F
電話:047-703-9700
交通: 駐車場あり 新京成線八柱駅・JR武蔵野線新八柱駅より徒歩7分

より大きな地図で ハスヨガ 八柱クラス を表示

【参加費】
2,800円(ヨガ+ランチ(ドリンク付き))
※ランチはテイクアウト可能なメニューもございます。
ご予約時にご相談ください。

【持物】
ヨガマット又は大判バスタオル(マットレンタル300円もあります。ご予約ください)
動きやすい服装
その他 タオルや飲み物など必要に応じてご用意下さい。

【その他】
・定員6名様の少人数制です。
・スペースに限りがあるため、ご予約下さい。  
・5か月以上のお子さまは、保育士がお預かりする無料託児サービス(2名まで)もございます。
・託児やレンタルマットご希望の方は、お申し込みの際にお伝えください。

【お問合せ・ご予約】
http://www.hasyoga.net/inquiry/index.html
または、下記のメールまでご連絡ください。
info@hasyoga.net

*ーーーー*ーーーー*ーーーー*


それぞれのスケジュールはこちら!



みなさまのお越しをお待ちしております☆

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

Posted on 2013/12/16 Mon. 14:12 [edit]

category: クラス・講座のお知らせ

TB: 0    CM: 0

16

こども師匠のヨガ講座  

ある日、坊っちゃんとのこんなやりとり。


お気に入りのバム&ケロの絵本をみて、

444.jpg


坊「よん」
ハ「あら、4に見えたのね。でも、これはカタカナの”ム”って言うんだよ。」
坊「よんっ!」
ハ「ほんとね、”ム”は4に似てるね〜」
坊「よん、よんっ」
ハ「ムだよ〜。ムー」
坊「よーーーんっ♪」
ハ「ムゥーーーッ(笑)」
「よん、よん、よーーーんッ!!」


同じように、”ト”をみて、

坊「わい」
ハ「ん?そっか、ひっくり返ったアルファベットの”y”に見えるね(笑)
  でも、これはカタカナの”ト”っていうんだよ」
坊「ワイッ!」
ハ「ほんとだ、”ト”は”y”にそっくり。いっしょに見えるね。」
坊「ワーイッ!(と言って本の上下をひっくり返す)」
ハ「ハイハイ、ワイみたいね。」
「ワイだーーーーッ」
ハ「・・・(苦笑)」

こんなやりとりが何回もくり返されていた。
ハハの話しなんて、聞き入れる気がないんだから、まったくもうっ。
それでは、少し作戦を変えて。。。

坊「よーんっ!」
ハ「ほんとだ!大発見!!”ム”は4にそっくりだ♪」
坊「よんっ♪」
ハ「見つけたね♪すごいねー。」
坊「よーんっ」
ハ「発見、発見、大発見♪」
「よーーーんっ!!」

まともに向き合わず、発見という別の話題にすり替える作戦。
が、しつこい「よんッ」返しは続き、ハハの完敗。

このやり取り中、坊やは怒っているわけではないんだけど。
でも、絶対に聞き入れない、認めない。
この頑固さは誰に似たのやらだわぁ。


・・・あっ。


認めてないのは、私だ。。。
聞いてるフリして、必ず否定している。
気持を受入れることより、誤りを正すことに目がいってたんじゃない!?
やれやれ、ですな。
頑固で頭が固いのは、私の方でございましたぁ。

これは、坊ちゃんに対してだけでなく、普段から私が持っている悪いクセみたいなもの。
ジャッジして、答えを出そうとする、固くて融通のきかないところがある。
自分の思う「正しい」を、曲げられない。
また、出ていましたか(これだから、理系女はかわいくない、のお手本みたいな私)(汗)
子育ては自分育てだ、とは、ほんと良く言ったものです。


人のもつネガティブだと言われる感情。
悲しみ、怒り、悔しさ、苛立ち、惨めさ、不安。。。。
多くの場合、その根っこにあるのは、
「認めて!」「わかって!」「受入れて!」という叫びかもしれない。
だからこそ、人間の土台を築いている幼少期は、認めて、受入れてもらう経験が、たっぷり必要なんだと思う。
誤りを正すより、何かを教えるより、まず満たしてあげるのが、今のハハの役割。



その後、「よんっ」に対して、「ほんとだ、”よん”だね。」
と、心からの受容で返したところ、坊ちゃんが「ニヤリッ」と笑った。
あれあれ?ニコリではなく、この笑いはもしかして。。。!?
どうやら、「よん」も「わい」も、彼なりのジョークのようです。
子どもの冗談を真に受けて、ほんとに未熟な母でございます。

こんな感じで、OFF THE MAT のヨガは、こどもという先生のもとで進められている毎日です。
坊ちゃん、いつも気付きを与えてくれて、ありがとう。
今後とも、よろしくですっ☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2013/12/15 Sun. 15:15 [edit]

category: 妊娠・出産・子育て

TB: 0    CM: 2

15

”あるがまま”に真実を 

そろそろ大掃除をはじめようかしら。
師走も半ばちかくなると、そんな気分になります。
お家はもちろんですが、自分の内側もきれいにしておきたいですよね。

ヨガのクラス中、いろんな考えや感情をいったん手放してみたりします。
ほんの一瞬かもしれませんが、静寂が訪れる。
また、ごくまれにご褒美のような歓喜に満ちた瞬間が訪れることも。。。

でもそれだけでは、なかなかヨガの本質には届かない。
車でも、走るのを止めてエンジンを切ってみるだけでなく、
点検や修理もしないと、きっと同じトラブルがついてまわりますよね。
それと同じで、自分自身の内側と向き合うこと。
何か問題はないか見つめる作業が、やっぱり必要なんだと感じています。


『一つの木の切り株がありました。闇の中で、どろぼうがやってきて、「警官だ」と言いました。恋人をまつ若者がそれを見て、「彼女だ」と思いました。おばけの話をきかされていた子供はそれを見て、「幽霊」と思い、さけびはじめました。しかし始めから終わりまで、それは木の切り株だったのです。(中略)われわれは、この世界を自分がある通りに見ます。自分がうちに持っているものを外に見るのです』
「ギヤーナ ヨーガ(智慧のヨーガ)/スワミ・ヴィヴェーカーナンダ 著」



この話しは、いかに「あるがまま」に真実を見ることが難しいか、を教えています。
そして誤った認識のまま過ごしていたら、いつまでも真実を知らず、こころには誤った”あと”が残されていく。
ヨーガの世界では、それら私たちの経験や感情はすべて潜在印象(サンスカーラ)として刻まれ、それが無意識に今に影響を与えていると言われています。

だから、物事を自分が見たいように見たり、思い込んだり。
ものの見方や考え方に癖のようなものがついしまって、
良くも悪くも、自分が見ている世界に映し出されていく。
この世界は自分自身の心の投影、いわば心のあわせ鏡なのです。

あるがまま、真実、を私たちはどれくらい見ているのでしょうか。。。?
それを見るためには、客観的である必要があります。

その時あなたは何を感じているでしょうか?
感じている自分を観察してみてください。

目の前で、何が起こっていますか?
その起こっている出来事に、
あなたはどう反応し、どう対応していますか?

目の前に起こっている出来事は、
それ以上でもそれ以下でもありません。
自分の内にあるものが鏡となって現れ、見えているだけです。



年末だから、ではないけれど。
自分の内側も、少しお片づけできるといいですね。

kids-cleaning.jpg


Om Shanti ☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2013/12/11 Wed. 15:23 [edit]

category: ヨガ&瞑想

TB: 0    CM: 0

11

サンタの夢を楽しもう 

「クリスマスまでを、ワクワクしながら過ごそうね」
という計画には、やっぱりサンタクロースが必要です。
まずは、坊ちゃんにサンタさんをご紹介しなくては♪

「クリスマスのふしぎなはこ」
61i6LsTg1.jpg

クリスマスの前日、ぼくがみつけたふしぎなはこ。
その中には、サンタさんが。。。!?
そうっと、そうっと、何度も箱をのぞくたびに、
ぼくのホッとしたり、ドキドキしたりが、手に取るように伝わってくる。

縁側があったり、食卓ではケーキを囲んでお父さんが日本酒を飲んでいたり。
今より前の、昭和を思わせるノスタルジックな家庭の雰囲気も、あたたかい気持にさせてくれます。
出発を手伝うシロクマやペンギンも、なんとも愛らしいです。
513nwu20M.jpg

先月、何気なく図書館で手にしたこの本。
坊ちゃんに、どこまで理解できているかはわかりませんが、
でも、ワクワク、ハラハラ、ドキドキな気分が伝わるのでしょうね。
読んであげると真剣に見入って、毎晩ベッドに持ってくるお気に入りになりました。
クリスマスが近づいたら、また借りましょ〜と思っていたら、今はすでに予約待ちの方が4人も。
この時期、人気の絵本だったみたいです。

いつか、「来るかなぁ?」と聞いてきてくれるように、
いまはサンタさんという種を蒔いています。
そのときは、この絵本の中のお母さんのように、
「サンタさん、こおりのうみにながされていないといいけどねえ」
なんていって、ちょっと不安になった顔を見せてもらおうっ(笑)

子ども達の想像力と信じる力を育んでいくのは、大人のクリスマスの楽しみ方のひとつ。
その夢があるから、大人もサンタを楽しませてもらえるんだね。
どうかたくさんの子ども達に、素敵なクリスマスが訪れますように。。。♡

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2013/12/11 Wed. 13:23 [edit]

category: 妊娠・出産・子育て

TB: 0    CM: 0

11

ツリーのカラス 

クリスマスまで、ワクワクしながら過ごしていこうね。
と、ツリーを購入したお話をしたのですが。

オーナメントはブラウンゴールド系で、けっして子ども向きじゃない。
しかも、少しずつ増やしたり変えたりしながら楽しもうと、今回は控えめ。
てっぺんのお星さまも、ついていない。
ごめんね、坊ちゃん。お母さん、自分を抑えられなくて。。w

「こんなツリーでクリスマスを迎えれたらいいなぁ」
と印象に残っていたのは、ターシャ テューダーのクリスマスツリー。

・高さは天井に届くほどの生木
→暖房効いた室内だと手入れが大変みたいだけど、いつかは本物のモミノ木ツリー♪

・手作り蜜蝋キャンドルに、本当に火を灯す。
→生木ならではのキャンドル。樹脂製のツリーでは、ジュジュッと焦げちゃうよね。

・みんなで作る巨大なジンジャーブレッドは、味の保証無し(と、ターシャが言ってます)
→ターシャの著書「こねこのクリスマス 」に作り方が掲載されているみたい♪
 ナイフで自由に切り抜いたクッキーは、ひとつひとつにストーリーが生まれそう。

tashaxmas081209.jpg

そこまでは、覚えていました。
さて、ターシャのツリーの上には何がついていたかしら?
それが。。。。なんと、「カラス!?」
賢くてシルエットも綺麗で嫌いじゃないけど、どうしてまたツリーに??(笑)

さすが、自分なりの楽しみ方を極めた方だわ。
まだまだ型を破れていないことに、気が付かされます。
その自由な精神こそ、見習うポイントみたいね。
みなさまも、それぞれの楽しみ方で、この時期をお過ごしくださいませ☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2013/12/10 Tue. 14:20 [edit]

category: 妊娠・出産・子育て

TB: 0    CM: 0

10

我家にツリーがやってきた 

今年もあとひと月をきりました。
ついに1年でいちばん大好きな12月、クリスマスがやってきます。

寒いのは少し苦手だけど、街もお店も飾付けられてキラキラ。
夜のイルミネーションやお外ディナーは、坊っちゃまがもう少しおおきくなるまでお預けですが。。。
でも、別の楽しみ方がありました。

木の実やマツボックリがついたリースは、坊ちゃんのお気に入り。
玄関に立つたびに、嬉しそうに見上げています。
でも、なんだか物足りない。。。
やっぱり「あれ」があるといいよね♪
と、先日我家にはじめて「クリスマスツリー」がやってきました。

組み立てはじめると、それはもう大興奮!!
「わぁ〜!!やった!」「おきぃね(大きい)〜♪」
と大声で言っては、手を広げ、飛び跳ね、
まだ何も飾られていないツリーの周りを走り回る。
立ち止まって見上げると、はじめて見たかのように再び驚きの歓声。。。
と、これが繰り返されていました。
喜びの表現が大げさだと言われる彼なので、珍しくはない光景なのですが。
でも、何度でも感動できるって、こどもって、すごいよね〜。
「新鮮な気持ちを持ち続ける力」は、ほんとかなわないです。

まだ、サンタさんが何者かはわかっていないと思うけど、
クリスマスをワクワクするものにしてあげたい。
一緒に過ごしてくれる時まで、坊ちゃんの想像力と信じる力を見守らせてね。

写真-14

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2013/12/10 Tue. 11:31 [edit]

category: 妊娠・出産・子育て

TB: 0    CM: 0

10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。