06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

Natural Flow

目指したいのは、こころと体が喜ぶsimple&naturalな暮らし。ヨガや、それにまつわる日々のことを、ポツポツとつぶやいてます。松戸を中心に、アーサナ自体を瞑想的に行うスタイルでヨガクラスを開催中。赤ちゃん連れOKの子連れヨガもあります☆

ご報告☆東京FM 

東京FM「Honda Smile Mission」番組で、HASYOGAが取材を受けました!
代々木公園でのお外ヨガについて、チヒロ先生が喋ってくれたの。
東京FMのHPにのってるので、よかったらチェックしてみてね☆
「今週のご当地」の7月27日(火)で~す!

8月8日のお外ヨガ、みなさんのご参加をお待ちしておりまーす!

Posted on 2010/07/27 Tue. 21:59 [edit]

category: ヨガ&瞑想

TB: 0    CM: 0

27

お外ヨガ!@代々木公園 2010年8月 

私の住んでいる街では、先週、今週とお祭り続き。
暑い中でも、みんな体動かして楽しそうでした。

ハスヨガ恒例のお外ヨガでも暑さに負けないで楽しんでいきますよ!
緑の中で気持ちよくヨガしましょう。
ヨガの経験が無い方も、気軽にご参加くださいね☆

CIMG0100.jpg

▼過去のお外ヨガの模様はこちらから!
http://news.hasyoga.net/?cid=53395&page=11 

------------------------------------------------------------

【日 程】
2010年8月8日(日)
9:00~10:30(90分クラス) 

※場所に不安な方は、代々木公園の入り口原宿門で。
 担当講師が8:45ぐらいまでまでお待ちしています。
※野外イベントのため、雨天の場合は中止となります。
※当日のお天気によっては木漏れ日の下へと場所移動の可能性もありますので、ご予約の際は連絡先を明記してくださいね。

【場 所】

osotomap.jpg


【参加費】
???円
ドネーション形式になっております。
お好きな金額を設定していただき、お支払いください。

※みなさまからいただいたお気持ちは以下に寄付をします。
▼『WWF』世界100各国で活動している自然保護団体
http://www.wwf.or.jp/join/support/donate/

【クラス内容】
呼吸と共に動いていきます。
後半は、のんびりした、ゆるやかな動きのポーズでリラックス。
はじめての方にも安心してご参加いただける内容になっています。

【インストラクター】
ai、はな、チヒロ
※インストラクターが順番でリレーしていきます。

【持ち物】
ヨガマット(もしくは、レジャーマットやタオルなどの敷物)、
日焼け止め、羽織るもの、飲み物など、必要な方はご持参ください。

【ご予約】
▼簡単予約!
こちらのメールフォームをポチリとどうぞ☆
http://www.hasyoga.net/mail/infomation.html
お問い合わせ番号 050-5805-0291

※雨天中止、場所の変更などのご連絡をいたします。
当日ご連絡がつく先を明記の上、お申し込みください。


みなさまのご参加お待ちしています。
ハスヨガ一同
★★★★★

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2010/07/26 Mon. 11:04 [edit]

category: クラス・講座のお知らせ

TB: 0    CM: 0

26

梅雨の体は湿気った薪!? 

最近読んだ、「整体的子育て/整体ボディーワーカー山上亮著」。
整体学的梅雨の過ごし方のひとつに「ハムストリングを伸ばす」ことがおすすめされていました。

   seitaiteki_.jpg

蒸し暑い梅雨は、湿気が高くて息苦しいし、雨だから体を思いっきり動かすこともしにくい。そうするとエネルギーの発散がうまくできなくて、体に抱え込んで調子が悪くなりやすいと整体では考えるみたい。ちょうど体が湿った薪みたいにくすぶって、燃えきらなくってグズグズ...。

そこで、いつもより深い呼吸でエネルギー燃焼がおすすめなんだって。そして、そのために一番簡単なのは前屈だとか!?(本では座骨伸ばしと書いてあります)
立居でも、座居でも、大股あるきでもOK! ハムストリングを伸ばす事で、骨盤の前後運動がスムーズになって、呼吸が深まりやすいんだって。

なーるほど!朝と夜でも、季節でも、月の周期でも動いている骨盤は、ほんとにわずかだけど、呼吸とともに動いているものだもんね。(過去の骨盤のはなし「骨盤と頭の関係~生理痛が楽になる方法」はこちら)この動きがスムーズだと、呼吸もしやすいってことなんですね。

そしてそして。テルテル坊主をつくることもおすすめなんだって!?エネルギーが鬱滞しやすい季節にテルテル坊主を人身御供に、もやもや気分を自分の中に溜込まないで人形に託して「明日天気にな~れ~!」と言ってしまう。こんなことで心が晴れて、ちょっとだけ風通しがよくなるでしょ?ということみたい。ちょっと面白いよね。

野口整体+シュタイナー教育の手法で、子供との接し方を書いた本。個人的にどちらもツボなので手に取ってみたの。やさしい言葉と、ゆるーい絵で、でも「ハッ」とするような、とっても大事なことも書かれています。子育てに限らず、人との接し方、自分との接し方にも参考になる本です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2010/07/13 Tue. 14:36 [edit]

category: ヨガ&瞑想

TB: 0    CM: 0

13

黒梅酢☆夏を乗り切ろう! 

気温も湿度も高く、なんだか過ごしにくいこの時期。そろそろ、梅雨明けが待ち遠しくなってきましたね。
梅雨のころといえば梅仕事!という方も最近は増えてるみたいです。私も毎年漬けてますよ~、梅干し。今年はお寺のお庭に実った梅をいただいて、2キロほど漬けました。それでも、まだたっぷりと残った梅。梅酒にしてもいいけど、あんまり飲む事も無く、数年前のものがまだ残っていたり。そこで、今年は黒酢に漬け込んでみました。

調べてみると梅、黒酢、砂糖(蜂蜜、黒糖、氷砂糖など)が1:1:1が標準レシピみたいなのですが、薄めて飲んだりするよりお料理に使うためのものがいいなーと思って、梅たっぷり砂糖控えめの配合にアレンジ。一般のお酢に比べて、アミノ酸や有機酸、ビタミン・ミネラル類が豊富に含まれている黒酢。そこに昔から健康にいいとされる梅とミネラル豊富な黒砂糖を加え、これぞ暑い季節を乗り切るのにピッタリな調味料になりました!

【黒梅酢】
青梅  2キロ
黒酢  1リットル
黒砂糖 500グラム

1.丁寧に洗った青梅はヘタ部分を掃除して、一晩水につけてアクを抜く。水を切り、拭いた青梅を一度冷凍する。(凍らすと梅エキスが早く出るので。)
2.広口のビンなどに1の凍ったままの梅、黒酢、黒砂糖を入れる。(最初は梅が黒酢から出ていますが2~3日で黒砂糖が溶け、梅からエキスが出て、被るぐらいになります。)
3.梅がシワシワになり、十分エキスがお酢に出たかなーというころに、梅を取り出し完成。小ビンなどに移しておくと使いやすいね☆


この黒梅酢で酢の物を作ったりすると、ほんのり梅の爽やかな香りがして美味しいの。お砂糖は溶けているので、水+塩だけで合わせ酢完成!手軽な感じも嬉しいです。黒梅酢1:水1~2:塩適量ぐらいかな。定番のキュウリとわかめの酢の物も、ひと味違ったものになりますよ。

kuroume.jpg

そうそう、酢の物作る時は「酢洗い」をちゃんとすること。爽やかなのにツンッとこない美味しい酢の物にするには、このひと手間は省略しないでね。

他にもサラダのドレッシングや酢飯に使ったり、冷やし中華やぶっかけ冷麺のタレにもね。酢豚にもいいかも。取り出した梅の実を入れても梅風味がさらにアップです。

梅は昔から健康素材として知られていますが、疲労回復、新陳代謝アップ、糖質の燃焼、抗菌、整腸、食欲増進、消化促進、老化予防、下痢予防、食あたりの予防、などの効果が期待される他、まだまだ解明されていない有効成分もあるとのことで、研究されているとか。暑さと湿度で、ぐったりしがちな体をシャキッとさせてくれそうですよね。梅の爽やかな風味を楽しんで、この夏を元気に過ごしましょ☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2010/07/11 Sun. 13:17 [edit]

category: 季節の手仕事&行事

TB: 0    CM: 1

11

スワディヤーナ(読誦)のメッセージ 

先月のレッスンテーマはニヤーマ。私自身も、ヨーガの教えに考えをめぐらすいい機会でした。

その中のひとつ、スワディヤーナ(読誦)とは、教典を読む。そこに書かれているものを擦り込む(ぐらい、読み込む)こと。ニヤーマ=勧戒(かんかい)と戒めなんて文字が入って、ただでさえ堅苦しいのにそのなかでもとっつきにくいものだと感じていました。ヨーガの教典や、聖者の書き記した書物は、多くの場合、ちょっと難しくて、読み進みにくいどころか、すぐに理解ができないことも珍しくない。現代に生きる私達に「ヨーガの教典を読もう!」と言っても、ヨガをしてない人はもちろん、している人だってなかなか腰があがらないもの(笑)

それでも、スワディヤーナを勧めているのには、現代の私達にとっても大事なメッセージがあるから。スワディヤーナのことを「意味が分からなくても、まずは読んで、そのままを頭やこころにそ擦り込むこと」とした場合、そこ隠されているもメッセージをこんな風に考えてみるのはどうだろう。

私達は何かを読んでも、誰かの話を聞いても、私自分の持っている知識や経験に照らし合わせて、ものごとを判断したり区別したりすることが習慣になっていることが多いんじゃないかな。「え~!違うんじゃない?」、「つまり、こうよね!」「だとすると、これはどうなるの?」とかつぶやきながら、否定にしろ肯定にしろ、取り上げられたことの着地点を少しでも早く見つけようとする。いかにも、それが賢く正しいことだといわんばかりに、読んだり聞いたりするのと同時に頭を回転させる、そんな行為に身に覚えはない?

判断や区別が働いた瞬間、そのことから広がりがうまれる可能性が消えてしまう。何事においても、こうだ!と決めつけた瞬間に扉が閉じて、他のことが入り込まなくなってしまう。スワディヤーナ(読誦)は、扉を閉じないで、いつでも新しい考えが入り込めるスペースを空けていよう!ということだと言えないかしら?そのまま、まずは受入れること。たとえ、今はどこにも着地しなくて宙に浮いてしまうことでも、歓迎して浮かせたままでいられること。(だからこそ、愚書ではなく教典がいいのだろうけどね)

    open.jpg

ちょうど、昔の日本では小さな子供でも四書五経を素読したように。東洋思想の第一人者、安岡正篤氏は4歳から読んでいたとか。いくらご聡明でもその年で理解できてはいないはずだよね。
また、ネイティブアメリカンをはじめ多くの部族の伝統では、たいてい子供達にごく幼い時から「なぜ?」と尋ねるかわりに、目をこらして耳をすませて待てば自然に答えがわかる、と教えるそうです。たとえ答えを出すのに時間がかかっても、そうして解ったものは本当に自分のものになる、と。(「世界を救う13人のおばあちゃんの言葉」より)

私自身を含め、現代人はあまりにも多くのものを見すぎ、多くを求めすぎるているのかもしれないですね。そのうえ、本当に求めている答えが目の前にあっても気が付かない。真実は、そんなに多くはないのかもしれないなー、と思ったりします。

なんてことを考えているとき、糸井重里さんが「人の話を聞く方法とは「追いかけない」「ただ聞いている」「役立てない」。と言っているのを見つけました。(詳しくはこちら、ほぼ日コラムで!)

読んだり、聞いたりというアクションを通して努力(タパス)もするけど、最後の仕上げの部分、本当に知りたいことはギフトのようにどこかからやってくるものなのかも。そのギフトを取り込めるように、スペースを空けておくこと。ちょっと話を広げすぎた気もするけど、そんなこともスワディヤーナ(読誦)のメッセージかなって思っています。

あなたのスワディヤーナ(読誦)はどんなメッセージを持っているでしょうか?
自分の中で問い合わせてみることがヤーマ・ニヤーマを日常に生かすことになります。
そして、例え答えが出ても、こうだと決めつけず、扉は開いたままでいましょうね!
いつだって、自分の知らないことはまだまだある!そう思うのは素敵なこと。
生き続ける限り、成長していきたいですもの☆


ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2010/07/02 Fri. 15:34 [edit]

category: ヨガ&瞑想

TB: 0    CM: 0

02

7月のクラステーマ 

7月。2010年も折り返しに入りましたね。やっとだと感じるか、早いっ!と感じるか。それとも、最近の湿度と暑さで、そんなことを思う気持ちにもなれな~いっ!かしら?そんな気分を一掃!今月はのテーマは「トランスフォーメーション(変革)」です。

ヨガで自分の中にある可能性に目を向け、開いていくこと。成長を見ること。それが、トランスフォーメーション。日常でも、ヨーガでも、行き詰ったことで、今までのパターンを崩すことができたという体験はみなさんもあるのでは?行き(生き)詰ることは、実は未知の世界の入口です。

あえて、行き詰りを体験してみる。例えば体が最大に伸びたところ=「エッジ」にとどまる。肉体的にも、精神的にもはじめは緊張がうまれると思いますが、それをどう受け取るか。体の緊張も、こころの反発も通りこして、通過することで開かれる世界に目を向けていきます。

今月はすごくハードなの?!と怖がらなくていいですよ!いつも以上にアライメントに注意しながら、無理なく、ですから。でも無駄無く、一途に取組むのがヨーガです(あら、やっぱり怖い?笑)

エッジにとどまり続けるためには、どうするのか。意識の持ち方、体の使い方をどう変えればとどまれるのか。レッスンを通じて、一緒に探っていきたいと思います。

梅雨は湿気も高くて息苦しいうえに、思いっきり体を動かそうにも雨が多くて家に閉じこもりがち。梅雨の体は、焚き火でいうなら、薪が湿って酸素もうまく供給されず、燃えきらない状態と似ています。そんな時こそしっかりと体を動かして、深い呼吸で酸素を送って、くすぶりから開放してあげなくっちゃ!!

一年の折り返し時期、前半がうまくいった人も、反省でいっぱいの人もトランスフォーメーション(変革)で一歩飛出してみましょう!
20107.jpg

★2010年6月のテーマは「ニヤーマ」でした。

今月のイベント
夏季限定!産後ヨガ@銀座
  産後ママのヨガが銀座でも開催。2ヶ月から歩き回る前ぐらいまでのお子さまをお連れいただけます。
子連れヨガ@国分寺
  産後ヨガ卒業の歩き回るころから3歳ぐらいまでのお子さまをお連れいただけるクラスです。


ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted on 2010/07/01 Thu. 09:00 [edit]

category: 今月のテーマ

TB: 0    CM: 0

01