07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

Natural Flow

目指したいのは、こころと体が喜ぶsimple&naturalな暮らし。ヨガや、それにまつわる日々のことを、ポツポツとつぶやいてます。松戸を中心に、アーサナ自体を瞑想的に行うスタイルでヨガクラスを開催中。赤ちゃん連れOKの子連れヨガもあります☆

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

雨の日はパン日和 

梅雨にはいり、空気がしっとり重たい感じがしていますね。
東京では夜になるとゴロゴローっと落雷が響いたり、
そんな日が続いています。

いうこんな日は出かけるより家での~んびり。
湿度の高いとき...こんな日はパンを捏ねるにちょうどいい。
ということで、大好きなベーグル☆

amanatukoutya.jpg

粉の一部を全粒粉に。
紅茶とストックしてある甘夏の皮を刻んでいれました。
柑橘の香りが重たい空気もさわやかにしてくれます。
ちょっとこぶりでむっちり、もっちり。
こんなベーグルなら野菜をサンドしても、
豆腐とメープルシロップの甘い豆腐クリームをはさんでもいい。

平日のランチに自分のために焼くパン。
ゆっくりした時間を楽しめて、贅沢気分です。

と、お天気悪くても全然平気。
それなりに楽しんでいるのですが、今週末ばかりは晴れてもらいたい。
そう、先日もご報告したお外でのヨガ企画があるのです。

ハスヨガ初の外企画。
お外でヨガは前からとってもやりたかったのよねー。
ひとりでもたまにやったりしています、が(うふふっ)
でも一緒にYOGAってくれる人がいるほうが心強いのがお外ヨガ!笑
どうぞ、はじめましての方もお気軽にご参加くださいね♪

今週末の日曜日は晴れますよーに!
そして、できれば前日も晴れますよーに!!(地面が濡れて欲しくないの)
梅雨に欲張りだけど、願わないではいられません☆

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

Posted on 2009/06/17 Wed. 20:50 [edit]

category: レシピ☆自家製酵母パン

TB: 0    CM: 2

17

豆腐で捏ねるプチパン☆カモミール 

毎年のことながら桜が咲き始めるとキュッと寒さが戻ってきますね。
とはいえ、気分は春♪
久しぶりに酵母を復活させてパンを焼いてみました。

お食事用のシンプルなものをつくりたくて、
でも何かアレンジしたいなーとお豆腐で生地をこねてみました。
お水も少し足して...のはずが柔らかくなってしまい、
粉を追加して...と手探り笑
去年収穫したカモミールも練り込んで、
発酵は寒さのせいかけっこう時間をかけることに。

tofu-b3.jpg

焼いている時にはカモミールの甘い香りが広がって幸せ~。
結果はもっちりしたパンになりました。
このもっちりは長時間発酵のせいか、
お豆腐のせいか、あるいは天然酵母だからなのか...?

今回の粉はハード系のパンを焼こうと思って購入した中力粉。
粉っていろいろあっていくつか揃えておきたくなるけど、
でも粉だからこそ早めに消費しちゃいたい。
たまにしか焼かない私は何を買うかいつも迷ってます。
でも多分、お豆腐パンは強力粉で作ると
もっちりにプラスふわりの「もちふわ」になるのではないかしら。
次回は強力粉で作ってみよっと♪
覚え書きとしてレシピ残させてもらいます。

【材料:8個分】
中力粉   210g
全粒強力粉  40g
豆腐    100g
元種     80g
水      80cc
塩     小さじ1
てん菜糖  小さじ2
カモミール(乾燥)5g

捏ね時間10分
1次発酵  20時間
2次発酵  1時間
210度   18分

ところでカモミールは植えておくと周りの植物に虫をよせつけなかったり、元気にするって知ってました?
近くに生えている植物を元気づける働きがある植物のお医者様、
「ドクターカモミール」という異名を持っているんですよ。

今年もこぼれ種からいくつか芽を出していました。
全部は残してあげれないのでベランダの前の共有庭に移植。
ここは強い草だけが生き残るサバイバルな土地(笑)
周囲を助ける前に、生きのこれるかだね。
頑張れカモミール!!

chamomile.jpg

応援ポチッといただけると嬉しいです

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ

Posted on 2009/03/30 Mon. 11:03 [edit]

category: レシピ☆自家製酵母パン

TB: 0    CM: 0

30

クルミあんぱん☆自家製酵母パン 

先日紹介した「秋の宅急便」の中にクルミがありました。
ちょっととんがった形のオニクルミは日本原産の種類だとか。

こどもの頃、このクルミの木のまわりでよく遊んだの。
夏にはクマゼミがいてよく登らせてもらったりしたなー。
その木の実りを何年(何十年?!)も経った今、
遠く離れた場所でこうやっていただけるってなんだかちょっと嬉しい。
そのクルミをハード系の生地に混ぜ、あんぱんにしました♪

あずき、昔から大好きなんです。
ついついたっぷり包んでしまってこぶりながらもずっしりとした重み(笑)
でも、餡は柿の甘さで煮たのでくどくないんです☆
同じ甘みでも加工していないフルーツを生かせるとちょっとやさしい感じですよ。

kurumi-an.jpg

[材料:小さめ6個分]
準強力粉        150g
元種           75g
水           90cc
甜菜糖      小さじ2
塩        小さじ3/4
クルミ         30g
上新粉         適量
あんこ   ピンポン玉大6個

1.クルミは乾煎りして小豆大に砕いておく。
2.準強力粉、甜菜糖、塩、元種をボールにいれ、水を加えてひとまとめにする。
  こね台で10分ほど捏ねたら丸くまとめる。
  3回ほどに分けてクルミをのせては丸くまとめと繰り返す。全体にクルミが
  いきわたるよう混ぜてひとまとめにしたらボールに入れラップをかけて一次発酵。
  (寒かったのでぬるま湯をはったひとまわりおおきなボウルに重ね、5時間程)
3.ボウルから取り出し、6等分して丸める。(ベンチタイム15分)
4.綿棒でのばし、丸めておいた餡を包んで口をぎゅっと摘み閉じ口を下にして
  天板に並べる。(二次発酵 60分)
5.切り込みを入れ、上新粉を茶こしでふり、200度のオーブンで18分~20分。
  
よろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

[クルミの割り方]
クルミは水に1時間程漬けておいて、鍋でからいりするとパチッと口が開きます。
そこにナイフを差し込んでくるっと回せば簡単に割れますよ~。
お店で買ったもののように綺麗にとれるものばかりじゃないけど、
それもまた楽しい♪
kurumi2.jpg

[あんこについて]
市販のでもいいけどお家で作ると甘さも調整できていいですよね。
私はいつも小豆1カップ、水3カップで柔らかくなるまで煮て、
味付けします。
今回は柿1個を細かく切って加え、形が無くなるまで煮詰めてお砂糖かわりに。
最後に少し塩と甜菜糖を加えました。
後味さっぱりのあんこができましたよ~。
あずきは味付ける前のものを取り分けて「カボチャのいとこ煮」などなど
お料理に使うのもいいね。

腎臓にいいと言われるあずき。
大豆よりも脂肪が少なく消化がいいから頻繁に活躍してます♪
昔は1日、15日と月に2回はあずきご飯で体をいたわっていたとか。
我家でも時々玄米に混ぜて炊いていますよ~。

パンといえば「黒ごまとさつまいものプチベーグル」「ごぼうのベーグル」もありますよ♪

Posted on 2008/11/17 Mon. 00:00 [edit]

category: レシピ☆自家製酵母パン

thread: 手作りパン  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 8

17

ゴボウのベーグル☆自家製酵母パン 

またまたゴボウです(笑)
どれだけ好きなんだ~?という感じですよね♪

我家では小さな市民農園を借りていてちょっとしたお野菜を作っています。
このたび十数本ほどの姫ゴボウ(サラダゴボウ)が収穫できました。
とはいっても、ひょろりと細かったり、二股三股に分かれていたり。
人様にお分けするには頼りないけど愛着あるこの子(野菜)達、
「美味しいうちに食べるわよぉ~」というわけです。

メープルシロップに漬け込んでベーグルにしてみました。
お惣菜とはちょっと違うゴボウの魅力、発見ですよ♪

gobou-b.jpg


[材料:小さめ5個]
強力粉       100g
全粒強力粉     100g
元種          80g
ゴボウ         50g
メープルシロップ 大さじ1.5
塩        小さじ3/4
水         75cc
白ごま        適量

1.ゴボウは短めのササガキにしてメープルシロップをからませて置く(1時間以上)
  ゴボウからの水分が出て、生地に練り込んだ時に後から水っぽくなるのを防ぎます。
2.ボウルに1と白ごま以外の材料を合わせひとまとめにして15分程休ませる。
3.2を生地にツヤが出るまで10分程捏ねたら6等分にして丸めておく。
  乾燥を防ぐように布巾をかけて15分(ベンチタイム)
4.綿棒で伸ばし端からキツくまいて綴じ口をぎゅっとつまみ棒状にする。
  それをリング状にして形を整え、カットしたオーブンシートにひとつずつ載せておく。
  28°~35°ぐらいの温度で2時間程発酵させる。
5.オーブンを170°に余熱しておく。
  沸騰したお湯で4をシートごと1分程茹でる。(途中1回ひっくり返す)
6.皿に胡麻を並べておき、ゆで上がったら生地を置いて胡麻を付ける。
  すぐにシートを敷いた天板に乗せて焼く。
  170°で15分程焼いて出来上がり!

※粉の種類やゴボウからの水分によって水の量は違ってくるので調整して下さいね。

よろしければポチッとお願いします

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

  
ゴボウといえば「おから&ゴボウの揚げボール」「簡単☆舞茸と牛蒡のクリームシチュー」
ベーグルといえば「黒ごま&さつまいものプチベーグル」もよろしくです♪

Posted on 2008/10/18 Sat. 17:40 [edit]

category: レシピ☆自家製酵母パン

thread: 自家製天然酵母パン  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 4

18

元種について 

私のパンで使う元種の作り方です。

お家で酵母をおこすってどうするの?
と聞かれたりします。
酵母は果物でもハーブでも、穀物でも、いろんなものから起こせます。
皮毎使うので新鮮な無農薬のものを用意してくださいね。
失敗がないのレーズンの場合をご紹介します。

熱湯消毒した瓶にレーズンと一度沸かして冷ましたぬるま湯を入れます。
寒い時期はお湯を入れたペットボトルを添えて保温バックに入れておくだけ。
夏場は何もしなくて室温に置いておくだけOK
あとは一日1~2回蓋を空けて「元気~?」と声をかける(笑)
レーズンが浮いてきて、4日~7日ぐらいでシュワシュワと泡が出てきたら完成。

kobo-1.jpg

右は金柑で作った酵母。
左のレーズン酵母が蓋を開けた直後です。
あまりの勢いに溢れることも。
プシュッと開けるとこの元気をもらえる気がして嬉しくなる至福の時でもあります 。
私は一度元種を作るんだけど、この酵母液と粉、塩を直接捏ねるだけでパン生地はできるんですよ。

この酵母液は冷蔵庫で保管します(1~2ヶ月持ちます)。
時々蓋を開けてビンを揺すってあげてください。

[元種の作り方]
1.綺麗に洗ったビンに全粒強力粉60g、酵母液50gを入れ、
  フォークでぐるぐるかき混ぜたらビンの口にラップをして輪ゴムをかける。
2.2~3倍に膨らんだら(4時間~1日)冷蔵庫で半日程寝かせる。
3.2のビンに、強力粉25g、水10gを足しフォークでぐるぐる混ぜる。
4.1.5倍ぐらいに膨らんだ(1時間~7時間)らラップをして冷蔵庫で半日寝かせる。
5.3~4をもう一度繰り返したらできあがり。冷蔵庫で保管。
  時々同じように粉と水を足して使う。
  
※この元種をずっと継ぎ足してもいいのだけど、私のようにたまにしか作らない人には1から2ヶ月で使い切る方が状態の良い元種で失敗なくパンが焼けます。
  

Posted on 2008/10/18 Sat. 10:18 [edit]

category: レシピ☆自家製酵母パン

thread: 自家製天然酵母パン  -  janre: グルメ

TB: 0    CM: 0

18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。