05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

Natural Flow

目指したいのは、こころと体が喜ぶsimple&naturalな暮らし。ヨガや、それにまつわる日々のことを、ポツポツとつぶやいてます。松戸を中心に、アーサナ自体を瞑想的に行うスタイルでヨガクラスを開催中。赤ちゃん連れOKの子連れヨガもあります☆

ジェノバ味噌の茄子田楽 

わさわさとしげるのはシソだけではなくバジルも同じ。
大好きなジェノバソースもいいけど今日はちょっと和のテイストで。
イタリアンのイメージのバジルを和の調味料の味噌と合わせるジェノバ味噌。
ガーリックの香りを移したオリーブオイルで焼いた茄子にのせていきます。
「木の芽味噌」にも近い感じでこれがなかなか美味しいの。
旦那さまにも好評な夏の一品です。

basilmisodengaku.jpg

[材料]
米茄子       1個
ニンニク      1片
鷹の爪      1/2本
オリーブオイル  適量

〈ジェノバ味噌(作りやすい分量)〉
バジル       20g
すりごま(白)   大さじ1
味噌        大さじ1~1.5
みりん       大さじ1
水又はオリーブオイル 適量

1.米茄子は縦半分に切ったら格子状に切り目をいれて水につけてアク抜きする。
 フライパンにスライスしたニンニク、鷹の爪、オリーブオイルを入れ弱火にかける。
 オイルに香りがうつったらニンニク、鷹の爪は取り出す。
 水気を拭き取った茄子を切り口側から両面を焼く。
2.バジルはざく切りにした後、すり鉢でペースト状にする。
 味噌、煮きったみりん、すりごまを加えよく混ぜる。
 水またはオリーブオイルで使いやすい固さにのばす。
3.焼き上がった茄子にジェノバ味噌をのせる。
 お好みでグリルなどで味噌を香ばしく焼いてもOKです。

バジルとお味噌なんて!?と思うかもしれないけど、バジルと同じシソ科の大葉はお味噌と合うでしょ?
ジェノバ味噌はお水を加えていなければ冷蔵庫で1週間ぐらいは持つかな。
お豆腐の田楽にも、炒め物にからめても♪
たまにはこんなバジルの使い方もお試しくださいーい。


ブログランキング・にほんブログ村へ




Posted on 2009/08/11 Tue. 10:05 [edit]

category: レシピ☆おかず

TB: 0    CM: 0

11

シソたっぷり!夏のベジ餃子 

お庭でシソを育てていると薬味としてだけでは消費が追いつかないことってないですか?
我家も毎年こぼれ種から勝手に育ったシソがわさわさとしげるこの季節、せっかくだから食べてあげたいとあれこれアレンジして使っています。
今日はその中から野菜だけのベジタブル餃子をご紹介です。

たっぷりのシソを入れた餃子を梅肉のタレでさっぱりと。この梅干しが夏にはうれしいので是非たっぷり用意してくださいね。
歯ごたえにピーマンを入れていますが、インゲン、枝豆、トウモロコシなどお好みの夏野菜を入れていただいてOK!でもたくさんの種類を入れない方がシソの香りを楽しめていいかなーって思います。
夏ならではの材料で作る餃子、お試しくださーい。

vejigyouza.jpg


[材料:25~30個]
木綿豆腐   1丁
シソ     30g(お椀にふんわり一杯ぐらい)
ピーマン   1~2個
白ごま    大さじ1
醤油     小さじ1
片栗粉    大さじ1
塩      適量
餃子の皮   25~30枚
焼き油    適量

[タレ]
梅肉     大さじ1
醤油     小さじ2
酢      大さじ1
ごま油(又はラー油) 適量

1.豆腐は水を切る。シソはみじん切りにして水にさらす(10分程)
 ゴマは軽く煎ってすりおろし、ピーマンはみじん切りに。
2.豆腐をつぶし、水気を絞ったシソ、ゴマ、ピーマンをボールでよく混ぜる。
 片栗粉、醤油、塩で味をつけたら餃子の皮で包む。
3.フライパンに油をひいて焼いていきます。
 私は差し水をして蓋をして蒸し焼き、最後に油をまわしかけて皮をパリッとさせています。
 タレの材料を合わせ、たっぷりと付けながらいただきます☆


ブログランキング・にほんブログ村へ



Posted on 2009/08/05 Wed. 09:13 [edit]

category: レシピ☆おかず

TB: 0    CM: 0

05

ズッキーニのベジファルシー 

焼いても、煮てもおいしいズッキーニ。
クセがないからどんなお料理にもできちゃうよね。

今回は定番ともいえるファルシーをお野菜だけで。
簡単だけど、パン粉が香ばしくって美味しいの。
ちょっとテーブルが華やかになるお料理です。

パプリカやコーン、枝豆などお好きなお野菜を使ってください。

zucchiniーf

【材料】
ズッキーニ       1本
タマネギ        1/4個
椎茸          1個
トマト         1/4個
ニンニク(みじん切り) 小さじ1
バジル(乾燥)     小さじ1
オリーブオイル     小さじ1、大さじ1
パン粉         大さじ1~1.5
塩           適量
コショウ        少々



ズッキーニは縦半分にきり、スプーンで中をくり抜く。
くり抜いたズッキーニに薄く塩をふる。


ズッキーニ(中身)、タマネギ、椎茸はみじん切りにして
ニンニクと一緒にオリーブオイル(小さじ1)で炒める。
塩、コショウで味を整え、バジルを加える。


1のズッキーニの内側をキッチンペーパーで軽く水分をふいて
天板にのせたら2を詰める。
トマトはタネの部分をとり除きサイノメに切り上にちらす。
パン粉に塩、オリーブオイル(大さじ1)を混ぜたものをのせ、
220度のオーブンで15分~18分焼いてできあがり。

早めに焦げてしまいそうならアルミホイルを被せてね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

中に詰めるものにつなぎになるものを使う気分ではなかったので今回はお野菜を炒めただけです。ちょっとパラパラこぼれやすいのですが御愛嬌です笑
まとめたい時は炊いた雑穀、お豆腐、パンを崩したものなどを使うのもありですよ。

※詰めるといえば「まるごとタマネギのファルシー」もありまーす。

ズッキーニってどうやって実をつけるか知ってますか?
カボチャの仲間ですが、地面にはうのではなくこんな感じ↓なの。

zucchini-1.jpg zucchini-2.jpg

写真は去年の我家の畑、黄色くて丸い種類を植えていました。
大きな葉や茎には小さなトゲがピンピンと生えていて、
いかにも「元気!!」という感じで夏の日差しがよく似合う。
アメリカではsummer squash"(サマー スカッシュ)とも言われるみたい。
スカッシュとはカボチャ属の実のことなんだって。
雄花&雌花が次々に咲いて一株でもたくさん採れるのよ。

今年は育てていないのでお店で買うことになります。
実の頭の部分がチクチクするぐらいが新鮮な目印です♪

Posted on 2009/06/14 Sun. 11:21 [edit]

category: レシピ☆おかず

TB: 0    CM: 0

14

もずくのお焼き☆カレー風味 

もずく、好きですか?
酢の物もいいけどお味噌汁がお気に入り。
トュルンと滑り込んでくる感じがけっこう好きなの。
だけど味のついていない生もずくって、
うちの近所ではいつも置いてあるわけじゃないのが残念。
とかねがね思っているので、珍しくみかけたら買ってしまいました。
0.5キロ、たーっぷり入ったものを
そんな訳でしばらくもずく料理です。

カレー粉をアクセントにチヂミ風に焼いてみました。
天ぷらにするってのはよく聞くからありですよね。
歯ごたえと彩りに人参、ピーマンを入れて。
おつまみにもいいですよん♪

mozukuoyaki.jpg

【材料】
生もずく    80g
人参      1/2本
ピーマン    1個
薄力粉     大さじ3
全粒粉(薄力粉)大さじ1(※なければ薄力粉で)
カレー粉    小さじ1/2
油       適量
塩・レモン汁  適宜


もずくはさっと洗いよく水気を切る。
キッチンペーパーで軽く抑えるように拭くといいですよ。
人参、ピーマンは細切りに。


1に下粉として大さじ1の薄力粉をまぶす。
残りの薄力粉、全粒粉、カレー粉を水で溶きもずくと合わせる。


フライパンに油をひいて、食べやすい大きさに生地を落として両面焼く。
塩、お好みでレモンを絞ってどうぞ。
あるいはウスターソースもありかな♪


ブログランキング・にほんブログ村へ


枝豆やコーンを入れても美味しいかなーって思います。
こんな風に海藻を食べるのも時にはあり、ですよね♪

Posted on 2009/06/09 Tue. 10:47 [edit]

category: レシピ☆おかず

TB: 0    CM: 0

09

とら豆のシチュー 

とら豆って知ってますか?
お豆の一部がとらのような模様のかわいい姿。
インゲン豆の種類でホクホクで甘みのあるお豆です。

toramame.jpg

そんなとら豆を西京みそでシチューに♪
といってもトロリとクリーム状の液体のあるあのシチューではないの。
シチューとはコトコトと煮込んだもののこと。
つまり煮豆ですね笑

実は煮豆ってあまり好んで食べたいというものではなかったの。
でも、マクロビのお料理教室でヒヨコ豆のシチューを習ったとき、
その美味しさに開眼!!
煮豆と言わずにシチューといわれて見方がかわったのか!?笑

西京みそやセロリは煮豆に使うには意外なものかもしれないけど、
お味噌だから和風?でも不思議とちょっと洋風な感じ♪
もうあったかくなってきているし煮豆でなくても...と思いながらも
つい作ってしまいたくなるぐらい好評の一品なんですよ。

toramameni.jpg

【材料】
とら豆    2/3カップ
人参     1/2本
セロリ    1/2本
レンコン   中3cm(50gぐらい)
たまねぎ   1/2個
しめじ    1/2株
グリンピース 大さじ2
昆布     5cm角
西京みそ   大さじ2
塩      適量



とら豆は3倍ほどの水につけて半日~1日戻す。
火にかけ、沸騰したらビックリ水をさして弱火に。
一度煮こぼしてから、柔らかくなるまで茹でる(15~20分程)


グリンピースはサヤから外し、他の野菜、昆布はさいの目に切る。
1にグリンピース以外を重ねてひとつまみのお塩を加える。
水分が少なければ足して(下になっているとら豆が浸るぐらい)、
蓋をして野菜が柔らかくなるまで煮る(15分程)
味噌を溶き入れ薄いようなら塩で整え5分ほど煮含める。
水分が多く残っていれば蓋をとって煮詰める。
最後にグリンピースを加えて色よく仕上げます。


ブログランキング・にほんブログ村へ

とら豆みたいなアクの少ないお豆、湯でこぼさないで丁寧にアクをとる方法もあります。
お好みの調理法でどうぞ。
とら豆を圧力鍋で茹でる時はわりとすぐに煮くずれてしまいます。
圧がかかってから加熱は5~8分ぐらいで十分。
6月ですからお味は薄めで味付けも最後に、あまり長く煮込まない方がいいですよね。

今回のお野菜は
甘みのタマネギ、人参、
旨味のキノコ、
食感のいいレンコン、
香りのセロリ(是非試して!)
彩りでグリンピース というつもりで使っています。
お好みのものをいろいろ使ってみて下さいね。
お豆はヒヨコ豆や白インゲン、もちろん大豆でも。

豆の種類にも陰陽があるんです。
幅が広くより粒の大きい白花豆などは陰、
小豆やレンズ豆など小さなものは陽です。
あまり気にすることはないのですが、
そんなことをちょっと知っていると一年中お豆を楽しめるね。

豆製品で手軽なものといえば豆腐や豆乳。
でも陰性で体を冷やす働きがあります。
前にも書きましたが、梅雨は質の良い陽性を補っていきたい時期。
お豆をまるごと使ったお料理もときどき作ってみてくださいね♪

Posted on 2009/06/06 Sat. 11:40 [edit]

category: レシピ☆おかず

TB: 0    CM: 2

06